スポンサードリンク

タクシー料金は

各地方において、基本料金や割増料金が違うようです。

東京都特別区・三鷹市・武蔵野市地区では

2016年7月5日から6か月をめどに

運賃改定を進める模様です。

地区の総車両数の7割を超える事業者から国土交通省=関東運輸局に申請がなされたからです。

タクシー料金の検索方法をご紹介します。

NAVITIMEの検索サイトでは、どの都市どの会社の料金・どんな種類の配車、深夜料金・移動時間・順路等至れり尽くせりで説明されています。お薦めのNAVITIMEの検索サイトはコチラから

ちなみにこのサイトは、全国のタクシー会社名・連絡先についても総合的に対応できますので、特に使い勝手がいいですよね!

目安の料金の確認

例えば、よく確認するのは出張時に駅から出張先までのタクシー料金、及び空港からその出張先の市内=市街地までの料金です。

初めての土地では

料金を調べているか、そうでないかによって、タクシーの運転手さんの態度が変わる場合がありました。また運転手さんによっては回り道をして料金を稼ぐこともありました。

ですから予めの値段を確認しておき、運転途中の要所要所で値段に関する話をしておくことをお勧めします。

公共交通機関の利用も

タクシー料金検索の結果次第では、公共交通機関も手段として採用をすべきだと思います。
タクシーは便利な乗り物であることには変わりないのですが、一番避けなければならないのはタクシー料金が高く、さらに時間がかかることです。

特に市街地での渋滞にかかった場合は料金もその分跳ね上がります。従いまして、バスや電車があればその料金と所用時間との比較は必要であると思います。

タクシーの予約方法をご紹介します。

予めタクシーに乗車する日付や乗車時間が決まっている場合は事前に予約をすることをお勧めします。

タクシー会社へ直接電話をする。

特に早朝、自宅を出発する場合には、対応できる運転手さんの人数や、タクシー会社の営業時間などの兼ね合いもありますので、コチラもNAVITIMEで調べて事前に電話して確認しておくのが良いでしょう。

スマートフォンのアプリを利用する。

スマートフォンのアプリから「検索」⇒「タクシー」でダウンロードします。スマートフォンはGPS機能を有しています。自分がいる位置に一番近いタクシーはどこにいるかや、運転手さんに自分の位置を教えることができますので、予約も容易です。これにより、予め定められた場所で、簡単にタクシーを捕まえることができます。

迎車費用

タクシー会社によっては迎車費用として料金が割り増しになる場合があります。小型車で迎車費用の全国平均がは300円程度ですが、時間帯によってはさらに割り増しされる場合もありますので、事前にタクシー会社に確認を入れておくのが良いでしょう。

まちまちの「タクシー料金」

都道府県で初乗り運賃や、割増料金、迎車の料金が違います。現在、関東圏では初乗り2キロまでは730円が相場です。

地方では初乗りの距離が少し短い代わりに、料金が安く設定されています。地方は高齢者が多く、少しの距離でもタクシーを利用してほしいからと考えます。
また、交通特性によって料金が安い場合があります

沖縄県では?

電車がなく、移動手段は車となります。公共交通機関としてはバス、もしくはタクシーとなるため、タクシーの台数は必然的に多い県です。沖縄県のタクシー料金は小型車で初乗り1750mまでが510円と全国で一番割安、加えてお得感があります。

東京都特別区と三鷹市、武蔵野市での動き

初乗り距離を短くし、初乗料金を安く設定する動きが出てきています。現在この地域では初乗りが2km730円です。
しかし、事業者から新運賃=普通車の上限運賃が、初乗り1km410円などという申請が出ています。

思う事等

今日では、このような試みを仕掛けていかなければ生き残れない状況です。東京も高齢化社会に近づいていますので、高齢者がタクシーを利用する機会が今後増えることが予測されます。
このように初乗り料金を抑えていく事は、今の環境に適合していると考えます。

しかしながら、タクシーは規制緩和により東京都では台数が飽和状態となっており、ますます競争が激しくなっています。そのため、タクシー運転手さんの賃金問題が生じています。

そのために、私見ながら総車両台数の規制などで行政が適切に対応する事が必要かと思いました。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧