スポンサードリンク

Uターン

Jターン

iターン

oターン・・・

新聞・テレビ・ラジオで

紹介されています。

気になるところです・・・

状況はどのようでしょうか。

少し、調べてみませんか?

iターンとは

元参議院議員の小山峰男氏が長野県社会部長時代に命名した人口の還流現象を指しているみたいです。自分が生まれ育った出身地と異なる別の地方に移り住むことを言うみたいです。
ただ最近では都市部から田舎に移り住む場合が多くなりつつあります。

就職の場合

例えば、「都会の出身者が=地元の大学に進学し、卒業後に出身地とは異なる地方の企業に就職する場合です。より具体的に申しますと、神奈川県横浜市出身の高校生が横浜市の大学に進学し、大学卒業後に福岡市の企業に就職する場合は、「iターン就職」と言います。
iターン就職に熱心な福岡はコチラから

また、地方に「工場」「放送局」「出張所」「支店」などを有する、都会の大企業に大企業に就職し、その後転勤で地方へ行く場合も「iターン就職」の仲間に入ります。
さらに、都心で生まれ育ち、都心の企業で働き、その後「地方」の企業に転職する場合は、「iターン転職」と言います。

まとめ

iターンは、都会で生まれ育った人々の、地方への憧れやライフスタイル重視がベースになっていると思います。
もちろん、地方の支店へ転勤することになった場合は「地方への憧れ」がない場合もありますが、基本的には地方で暮らしをしてみたいという気持ちがあるかと思われますね。

その「地方への憧れ」は、帰省ラッシュを体感したことがない場合に、体感したいというノスタルジーに似ていると思います。

iターン支援

地方自治体では、都市部出身の素晴らしい人材を集め、人口減少を食い止めようとする試みをしています。ただその場合も、地方に仕事があること、住みやすい環境であることが何よりもベースになります。
そのため地方自治体も地元の企業とタイアップして、雇用の計画と捻出、及び住宅地の提供といったサービスを検討している状況です。
支援に熱心な島根県の状況はコチラから

国の地方振興施策

国はiターン支援をしています。
例えば、国土交通省の国土政策局では、地方への移住や、都市と農山漁村の交流を促す地域情報の発信を目的として、道府県が運営するiターン等の情報を掲載したポータルサイトと、iターンによる地方への定住促進に取り組む市町村の情報を掲載しています。
iターン国交省情報はコチラから

体験交流

市町村の協力のもと、若年層の体験交流を実施する自治体の情報を取りまとめの発信もしています。このような若者の体験プログラムに東京や大阪、名古屋の三大都市圏に住むたくさんの若者が参加できるわけです。

これらは地方に住むことの良さや、改めて地方に対する価値観等を見つめ直すきっかけにもなります。
そしてさらに地方への人口流動による活性化にも大いに役立ちます。
体験をしたい場合は希望する地域を探し、募集要項の確認の上、各自治体へ直接申し込むことになります。

iターン募集

各都道府県においては、都会の良き人材を集め、地方の活性化、及び地方への人口流動を図るための試みを実施しており、各都道府県のホームページには、地方での暮らし促進策の一環として特別サイトを開設しています。

山口県では

「山口で働こう」、「山口で住もう」というスローガンのもと、移住や定住、及び就職先への支援サイトを運営しています。
また、山口県の就職の求人の取り組みとしては、「やまぐち暮らし支援センター」を開設し、iターン希望者のための情報提供や、就職相談、能力開発、そして職業紹介など、一貫した支援を行うワンストップサービスセンターを運営しています。

さらにワンストップサービスをより良いものとするために、市町村によるバックアップとして住宅支援も実施しています。
山口県の試みはコチラから

広島県では

「広島暮らし」というテーマのもと、広島県に定住や交流支援を実施しています。
広島県の試みはコチラから

広島県は中国地方のリーディング役として広島市があります。
しかし県全体としては、人口も少子高齢化により減少傾向になることから、地方と同様の活動をしております。さらに、実際に広島に移住した方々の様子をホームページで公開していますので、移住・定住の様子を伺うことができます。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧