スポンサードリンク

厚生年金

退職金

ボーナス

出向・・・

すべて、会社任せでしたよね。

これからは、コチラから求めていく時代ですよね。

知らなくては、いけない時代ですね。

でも知ってしまえば簡単ですよ。

確定拠出年金とは

確定拠出年金と言っても自分で老後の年金を積み立てる仕組みの金融商品です。

主に銀行や証券会社、保険会社などの金融機関で扱っています。

加入対象は、自営業者や企業年金のない会社員などでした。加入する際は、国民年金=基礎年金を掛けている事が前提条件です。

確定拠出年金はコチラの公式サイト厚労省から

 

個人型・企業型

確定拠出年金には個人型と企業型の2つがありますね。

どちらも加入者本人が運用商品を決めて運用をしますね。

個人型は掛金を自分で負担し、企業型は自分が勤務している企業が掛金を負担します。

 

節税

確定拠出年金の大きな特徴のひとつとして、税制面での優遇があげられますね。

掛金について、企業が負担する場合は掛金を損金処理することができます。

加入者本人が負担する場合は、掛金全額が所得控除の対象となっています。

とりわけ利益を出している自営業者が節税対策として加入する場合が多く見受けられますね。

例えば年間課税所得300万円の人が毎月23,000円掛けると、所得税と住民税合わせて55,200円も節税することができます。

また確定拠出年金は原則60歳から受給が可能となります。

全額を受け取る場合は公的年金と同じ扱いになりますよ。

一部を一時金として受け取る場合は退職金と同じ扱いとなります。

確定拠出年金改正

2016年5月24日に衆議院で確定拠出年金法改正が成立しました。

2017年から2018年にかけて段階的に施行される予定です。

 

改正の目的

事務手続きや金銭面で企業年金の実施が困難な中小企業を対象に、確定拠出年金の利便性向上や普及・拡大を計ることですね。

また運用商品を選びやすいように事業主が教育をするように促したり、運用方法に関する規定を整備したりすることも目的としていますよ。

 

改正点

大きく改正される点はこれまで、加入の対象が自営業者や企業年金がない会社員と限られていました。

改正後は企業年金がある会社員をはじめ公務員や専業主婦も対象となりますよ。

企業型確定拠出年金の場合、これまでは月単位で決まった額の掛金を納めなければなりませんでした。

しかし、今後は1年に1度まとめて掛金を納めることも可能になります。

またポータビリティといって、いわゆる企業資産の持ち運びが拡充されますね。

これまでは確定拠出型年金に加入している企業から確定給付企業年金に加入している企業に転職する際、これまで積み立てていた年金資産を移すことができませんでした。

しかし今回の改正により確定給付企業年金と確定拠出年金の間で移換することが可能となりますね。

運用期間を通算したり年金資産の掛金を効率よく運用することができるようになるのです。

確定拠出年金運用方法

確定拠出年金の運用方法で大事なことは、目標の受け取り金額をいくらにするかを明確にすることですね。

参考として確定拠出年金の始め方はコチラの楽天証券の公式サイトから
 

投資信託

運用方法の代表的なものとして投資信託があげられますね。

投資信託は決められた掛金の範囲内で株式や債券などに分散投資します。

そのためその投資信託が、どのくらいの割合で配分・運用するかを考えながら、私たちは投資することです。

 

預貯金商品

預貯金商品も確定拠出年金の運用の対象となっていますよ。

また確定拠出年金を運用するにあたり、配分方法を変更することが可能となっています。

例えば初めて運用する場合は、運用方法がわからないので元本が確保される預貯金商品を選びます。

そして慣れてから元本リスクが発生する株や債券に投資の配分ををすることもできますね。

参考として確定拠出年金の始め方はコチラの三菱東京UFJの公式サイトから

 

インデックス型

元本割れのリスクを抑えながらも運用をしたい場合は、確定拠出年金向けのインデックス型投信もあります。

投信は運用期間が長期にわたるため、保有コストが安くなっていますね。

また通常投資信託は銀行や証券会社で購入すると数%の購入手数料がかかりますが、確定拠出年金で購入する時はその手数料はかかりません。

インデックス型投信はコチラ日経新聞から

また確定拠出年金の制度のなかで投資信託を運用すると、投資によって得られた分配金や譲渡益には税金がかかりません。

リスクがある金融商品に付いては、特にコストに見合う運用ができるかどうかを見極めることが大事といえますね。

 

確定拠出年金の教科書

退職によって企業型から個人型に移管するにはどうするのが良いを考える方

法改正によって2017年から初めて個人型・確定拠出年金(DC)を開始する人も多いと思います。

加入・運用・受け取りの「一番得」なやり方がスッキリ書かれていますよ。

商品の選び方や年金受け取り時の税金のことについても書かれていて運用商品が「超簡単」に決まります。

商品ラインナップも具体例が多数ありますよ。

確定拠出年金の教科書についてはこちらから少し見てくださいね。
 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!

\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧