スポンサードリンク

「自動車」維持

結構いろいろ、もろもろと

費用が掛かっている事

意識していますか。

無駄な出費を抑える事も

出来るみたいです。

少し調べて見ました。

自動車保険について

自動車保険は大別すると、代理店などを通じて申し込む従来の保険と通販型の保険があります。保険料で見ると通販型の方が同じ保険に安く加入できるみたいです。

任意保険ですので契約の解除は自由ですから、更新月に他の保険会社に移ることも自由です。従来の保険から通販型へ、またその逆だって全く問題ありません。
自動車保険の金額等はコチラから
ソニー損保はコチラから

等級について

自動車保険の保険料は等級によって決まります。一般的に掛け続ける事によって、毎年割引が適用されます。初めて保険に加入した時は6等級からスタートします。1年間無事故または、保険の使用がない場合、翌年は「無事故」7等級になり前年より保険料が安くなります。

事故を起こし保険を使うと、次の年は3段階下がって「事故あり」3等級になります。等級が下がれば次の年の保険料が上がることになります。

「事故あり」「無事故」等級制度

同じ等級でも「事故あり」と「無事故」によって保険料に差があります。1度事故を起こし保険を使うと3年間は「事故あり」の等級です。

先ほどの例ですと、事故を起こした翌年は「事故あり」3等級です。翌年は無事故で経過しても「事故あり」の4等級です。次年も無事故・保険を使わず経過して、「事故あり」の5等級、と進みこの次の年にようやく「無事故」の6等級となります。

軽微な事故

「事故あり」等級の保険料は割高になります。上記の場合「無事故」6等級で保険料が5万円程で事故を起こした場合、3年間「事故あり」等級で差引7万円ほど支払いが多くなります。

4年目からの等級も考えた場合、修理等支払い金額を考えて保険を使わない方が有利な場合が考えられますね。
ちなみにこの等級は保険会社を変えても引き継がれます。

自動車税について

自動車を買うと様々な税金が付いて回ります。自動車関連の税金は毎年納めるものもあれば、何年かごとに納めるものもありますね。
自動車税についてはコチラから

「自動車税」

4月1日現在の所有者に支払い義務があるのですが、年度途中で購入した場合は月割で支払、手放した場合は還付請求をします。税額は普通車の場合排気量で分けられていて、排気量が大きくなれば税額も高くなります。

1L以下だと29500円、1L超-1.5L以下で34500円、1.5L超-2L以下で39500円、2L超-2.5L以下で45000円などとなっています。ただしエコカー減税適用車では、75%軽減される車と50%軽減される車があります。

「軽自動車税」

自家用の乗用で10800円です。

「重量税」

車両重量0.5tごとに課税額が上がります。新車購入時や車検の際に収める税金です。この税金には新車購入時には免税、75%減税、50%減税、25%減税とエコカー減税対象車に対する減免措置があります。

また逆に、減免無しの車には割増の税金がかけられています。車検時には免税と減税50%のエコカー減税のほか、本則税率が適用されるエコカー、エコカー以外で13年未満経過、13年経過、18年経過とそれぞれ割増しになる税体系となっています。

「自動車取得税」

文字通り自動車を取得した際に収める税金です。普通車は取得価格の3%、軽自動車は2%です。

自動車ローンについて

自動車ローンは自動車を買う時にお世話になりますよね。一般的にディラーの金利は高く、次いで大手都市銀行、地方銀行などの順に金利が低くなっていきます。ネット専業銀行や使えるのであれば労働金庫などが最も金利が低い部類となります。

審査

ローンですから金融機関で審査が、もちろんあります。ディーラーの場合でも、その自動車会社系の金融機関から借りることになるので同じように審査があります。
一例として楽天ローンはコチラから
金融機関の例として横浜銀行はコチラから
審査について言えばディーラーが最も通りやすく、銀行などの金融機関の方が厳しくなります。それでも住宅ローンのような高額ではないため、まだ借りやすい方だと言えます。

次は免許ですね。

教習所が数少なく成りましよ。そのため、質が高く気持ちよく気軽に免許が取れるようになりました。私が、通った所をコチラからご紹介します。

借り換え

住宅ローンでは借り換えが一般的ですが、自動車ローンでも借り換えを行う事ができます。ディーラーなど金利が高いローンを組んでいれば、やはり安い金利のローンに借り換えたいですよね。

手順としては、借り換え先の金融機関に自動車ローンの仮審査の申し込みをします。数日で審査の結果が伝えられますので、仮審査が通っていれば本審査の申し込みをします。本審査に通り融資実行となれば、そのお金で元の自動車ローンを返済して終了となります。

仮審査の申し込みから融資実行までには、通常2週間程度かかりますよね。元の自動車ローンの全額返済を申し込んだのは良いが、借り換えの自動車ローンの融資実行の方が遅かったなんてシャレになりません。余裕を持って借り換えに臨んでください。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧