スポンサードリンク

不動産登記

不動産売買

不動産相続

など

不動産については

知るべきことがたくさんありますね。

相続税や不動産取得税や固定資産税等がっぽり・・・

不動産投資を視野に入れても

よろしいのではないでしょうか!

東京都の固定資産税はコチラから

不動産投資とは

資金に投資する株式投資と同じように不動産に投資することによって利益を得ることを目的とします。不動産投資における利益には二種類あります。「賃料収入」と「不動産の値上がり益」です。

「賃料収入」=インカムゲイン

購入したマンションや家などの不動産を人に貸して定期的に賃料という収入を得ることを目的とした利益です。インカムゲインとも呼ばれています。

「不動産の値上がり益=キャピタルゲイン」

購入した不動産が将来値上がりして購入価格よりも高額で売却することができた場合に、得られる差額の利益を期待したものです。キャピタルゲインとも呼ばれています。

不動産投資の利益は

もちろん不動産投資はリスクはあります。しかし、株式投資などと比較してミドルリスク・ミドルリターンだと考えられています。

株式投資の場合は時と場合によって、企業倒産など突然資産価値がゼロになってしまう、ハイリスクが考えられます。それに比べ不動産投資は価格の下落があったとしても土地がある限り、価値がゼロになるということはなかなか考えられません。

まとめ

賃料の下落や空室により想定したより収入が低かったり、自然災害などによって不動産が倒壊してしまうなどのリスクはもちろんあります。しかし、自分で不動産に対する知識を磨き、いかに不動産投資のリスクを回避するかはできる事です。不動産投資で如何に利益をあげるかは、この知識と社会情報をがポイントになると考えられます。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、国土交通省管轄の不動産鑑定士試験に合格した人に与えられる国家資格です。
試験に合格後、一定期間の実務修習すべての課程を修了します。その後、国土交通大臣から実務修習終了の確認を受け、不動産鑑定士となれるわけです。この国家試験は司法書士資格と同じくらいで、難易度が大変高いと評価されています。
不動産鑑定士はコチラから

不動産鑑定士の役割

不動産屋・会社、鑑定業者に所属し、不動産についての高度な専門職業家です。「土地の適正な評価」を図るため、地域の環境や諸条件を考慮して「土地の適正な利用」を診断し、鑑定評価を行う専門家です。

また不動産を売買する時、賃借する時、相続時に不動産の評価が必要な時、土地を担保にいれる時など、不動産の専門家として個人や企業を対象に総合的なアドバイスを行います。

不動産鑑定士の仕事

行政機関や公共団体の要請に応じて、国や都道府県の土地の適正な価格を公表するための地価公示や地価調査の制度
公共用地の取得・相続税標準地の評価・固定資産税標準宅地の評価・裁判上の評価
などの業務
民間企業の要請に応じて、会社の合併時の資産評価や現物出資の評価のアドバイス・不動産に関するコンサルティング
などの業務
また、不動産の専門家として身近な相談も受け付けてもいます。

不動産仲介手数料とは

不動産仲介手数料とは不動産の売買契約や賃借契約が成立したときに不動産会社に支払われる手数料のことです。これは成功報酬で、媒介報酬ともよばれています。

報酬金額

宅地建物取引業の免許をもっている不動産会社が不動産仲介手数料を請求できます。
※宅建業法第46条=で宅建業者が受けることのできる報酬の額
=仲介手数料は、国土交通大臣が定め、宅建業者は「その額を超えて報酬を受けてはならない」と規定されています。法律で上限が決められていて、その範囲内で業者は自由に手数料が設定できます。一般的には上限いっぱいの金額を請求する業者が、多いみたいです。

賃借契約の手数料

賃借の場合・一般的に契約を結んだときに仲介手数料を支払います。貸主が負担することなく、借り手が全額支払う契約になっている事がほとんどのようです。

売買契約の手数料

「契約を結んだときに約定報酬額の50%相当額、そして決済・引渡し時に残りの全額を支払うように」と媒介契約で定められていることが一般的です。
仲介手数料は成功報酬であるため媒介契約を結んだとしても、売買契約が成立しない場合には手数料を支払う必要はありません。

最近では不動産仲介手数料も価格競争が進んできたため値下げをする業者も現れてきています。消費者には不動産会社の選択の幅が広がって来ています。

のぼり旗 不動産 「 入居者募集中 」(黄)
価格:864円(税込、送料別)

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧