スポンサードリンク

毎日の現金の出入り

毎日の商品の出入り

その積み重ね・まとめが

だいじですよね。

経理を強くすることは

GOING CONCERN

です。

GOING CONCERNとは

コチラから

決算書の作成

決算書とは
・損益計算書=P/L  ・貸借対照表=B/S  ・株主資本等変動計算書
ですよね。
一般的に言われているのは、貸借対照表と損益計算書ですね。

決算時

日々のお金にかかわる取引が月毎に、仕訳され、伝票に記入され、元帳に転記され、決算月を迎えますね。
決算月は、月次の〆の他に試算表作成後と決算の作成です。「期末だ~」といって、経理関係者が最も忙しく、神経の使う時期が決算書の作成時ですね。

決算の作成

1)すべての資産・負債の決算日における残高等を確認します。
   現金・預金・売掛金・買掛金・借入金・貸付金・受取手形・支払手形・固定資産・商品在庫などです。
2)すべての残高等が、正しく元帳に反映されたら、決算仕訳を行います。
   固定資産の減価償却の計算・売上原価の確定・為替差損益の確定・経過勘定の繰延・見越・貸倒引当金の計算
3)いずれの場合も消費税・法人税の計算を行います。
会計ソフトの導入をされている方については、1)までが正確に行われていれば、2)3)については、近頃は、あらかたソフトがやってくれる時代になりました。

・注意事項・継続性の原則

特に事業を始めたばかりの小規模企業では、2)における会計原則、中でも重要性の原則があいまいになる場合があります。原則通りの会計処理をするのか、少額なので、償却や繰り延べをせず、当期の費用にしてしまうのか、などなどです。

会計には継続性の原則という考え方があり、一度選択した基準を途中で変えるのは、好ましくないという考え方があるので、注意が必要です。

経産省・電子化が可能な文書はこちらから

決算書の電子化の流れ

決算書はずっと長い間、紙による保存でと法律で定められていました。現在も、原則は紙で保存します。パソコン会計ソフト等で作成した決算書についても、プリンターで印刷し紙で保存するのが原則です。

法人税法改正

2015年の改定により、3か月前までに所轄税務署長に対して申請書を提出して承認を受ければ、電子データのまま保存することもできるようになりました。

税務署長の承認を受けていれば、日々の取引も、決算書の作成も、決算書の保存も、すべてお手持ちの「会計ソフト」で管理が可能になりました。

マイクロフィルムによる保存も

マイクロフィルムリーダーは高額です。すでに会計ソフトなどにより、電子化がすんでいる場合、わざわざデータ転記をするのは手間ですね。よほどの事情のある企業や大規模の企業などしか関係のない保存方法かと思われます。

税理士会等の要望

各方面のパブリックコメントの積み重ねがありました。
決算書やそれに関わる税務書類が電子化になったことは、納税者にとっては非常に朗報です。

紙での管理は、人的コストや物理的コストは膨大でした。

決算書を作成するまで日々積み上げてきた帳簿・証票などは、膨大な紙の量になります。なにか記帳ミスなどがあった時に、該当伝票を探し当てるだけで一仕事となります。決算書類の電子化は、検索などスピードが飛躍的にUPする事でしょう。

決算書の管理や保存方法

決算書は保存が必要です。決算書の電子化が認めれた現在、紙による保存でも電子保存でも同じです。

国税庁電磁的記録等による保存等の承認申請書等はコチラから

保存期間は

法律によって異なります。通常、会社法では10年、法人税法では7年=赤字の時は9年の保存期間が義務付けられています。これに違反すると罰則規定もあります。
決算書は、事業主にとって、一種の社史のようなものですから、保存期間が過ぎても、そのまま保存する会社も多いようです。

税務調査の場合は

直前期より遡って3年間が調査対象期間になります。とりわけ、3年間分の決算書を含む帳簿書類は、一番見やすい場所又はフォルダなどに管理して、いつでもどのようなものでも要請に応じて取り出せるようにしておくことをお勧めします。

スキャナによる保存

2015年に改定された電子保存法によると、スキャナによる証票などの税務書類の保存も認められました。ただし、台付のスキャナ=いわゆる一般的なコピー機のスキャン機能)を使ったものに限ります。スマートフォンなどによる記録はここには含まれません。

もっともこれはスキャンとはいわないですよね。でも改善されると、さらに利便性が増しますよね。特に小規模事業者からは声が出ているようです。

ただし、決算書に限っては、スキャンによる保存は認められておりません。しかし、会計ソフトを使っている場合は、この範疇には該当しないので、考慮する必要はないということです。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧