スポンサードリンク

「びっくり!!!」しました。

ヤギが木に登って、何か食べていました。

「感動しました!!!」

ナンデモ、「アルガンツリー」という木だそうです。

何で?

「アルガンオイル」と関係があるそうです。

アルガンオイルとは

「アルガンツリー」=和名は無し、アルガンの硬い種子を石で割って中の白い胚の部分を取り出して、それを粉に挽いて採取されるオイルのことだそうです。

乾いた土地に深く根を張り、養分を蓄えるアルガンツリーに成る実は、いわば木に蓄えられた養分の結晶で、事実、高い栄養分を含んだオイルです。
アルガンオイルとはコチラから

アルガンツリーの森

干ばつに強く、乾燥したモロッコ南西部にも適応した木なので、かつては同様に、乾燥地帯の北アフリカ一帯に広く分布していました。アルガンツリーの森は、サハラ砂漠の拡大を防ぐための「地球環境資源」としても重要な存在でした。

それが、燃料のための伐採や焼き畑農法、貪欲で草は根まで、葉は木によじ登ってでも食べ尽くすヤギの放牧など乱伐されて、分布域が狭まりました。モロッコ南西一部地域=マラケシュ近郊の乾燥した地域だけに自生地が縮小してしまいました。

アルガンツリーとヤギ

この高い栄養分を含んだアルガンオイルを得るため、ベルベル族は、草食動物で一番の貪欲なヤギの利用を思い付きました。それは、アルガンの葉には鋭いとげがあるため、人が手で実を摘むことが出来ないからです。彼らは家畜の食性をよく理解しているわけです。

ヤギは、刺だらけのアカシアの木にさえよじ登り、葉をむさぼり食う、その貪欲さを利用して、ヤギをアルガンの木に追い上げて果実を食べさせました。

工房では

モロッコの人たちは気長にヤギが実を食べ終わるのを待ちました。そしてヤギが食べ散らした実や種子、排泄した種子をベルベル人が手作業で拾い集めます。

工房では硬い種子を、現地の女性たちが一粒一粒、石で叩き潰すようにしてオイルを抽出します、素人には簡単に割れないほど硬い種子です。それを熟練した女性たちはいとも簡単に割っていきます。

豆粒ほどに小さい胚は希少性の所以です。一粒からわずか3%しか採ることができないとても希少で価値のあるオイルです。   

ベルべル人の儀式

ベルベル人は赤ちゃんが生まれると健やかな成長と、一生食べ物に困らないように願いを込めて、スプーン一杯のアルガンオイルを与えます。

観光資源のアルガンツリーとヤギ

アルガンの実はヤギの大好物でもあり、ヤギが木に登って実を食べている姿は有名になっています。

マラケシュからエッサウィラに行く途中、工房手前の道路そばで、住民がアルガンの木に鈴なりのヤギを登らせて観光客に見せています。

1人一ドル

何かを撮れば、必ずチップを請求されるモロッコだから、木のそばにいる人に1ドルを支払い、撮影させてもらうわけです。

ディスプレー用に登らされたヤギは、赤く色づいた実を一目散に食べています。

最近ではオイルの採取方法も効率化されていますが、見せ物であっても、かつてのアルガンの実を採取した時代を伝承する興味深い光景をテレビでみて、感動したわけです。

美の定番としてのアルガンオイル

その歴史は古く、モロッコ先住民のベルベル人が「生命の実」「モロッコの黄金」として美容剤やマッサージオイルとして長年利用して来ました。そのベルベル人の美しさから、アルガンオイルの効能が注目されるようになりました。

アルガンオイルは

メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼやドーパクロムトートメラーゼの活性を抑える働きがあります。メラニンの過剰な生成システムを抑えて、お肌にハリや潤いを与え、美肌をキープしてくれます。

顔だけでなく、髪や体の保湿・美容オイルとしても使えます。

乾燥して傷んだ毛髪を保湿して自然なツヤを与えます。

毛穴につまったウォータープルーフのメイクや汚れをしっかりと落とします。

天然の豊富な抗酸化作用のビタミンEが含まれていますので、老化防止効果があります。

アルガンの樹は

「美肌の国」として名高いモロッコの南西部に自生し、モロッコの人々の生活に密着し、人々の健康、経済、美を支えています。

アルガンオイルの使い方と効能

アルガンオイルは、肌の脂質の成分とよく似ているため、角質層のすみずみまでスムーズに浸透します。また、オレイン酸やリノール酸、ステロールなど美容成分を豊富に含んでいるため、キメの整ったうるおいあふれるハリ肌へ導いてくれます。

使い方

スキンケア、ボディケア、クレンジングとして使用することができます。

フェイスケア

お風呂あがりの化粧水の後に、乳液や美容液の代りに使用します。温めた手の上にティースプーン1杯分のアルガンオイルを出し、手の上で軽く伸ばしたら顔を包み込むようにして優しく塗布していきます。オイルですが意外とさらっと使えます。朝はメイク落ちの原因となりますので、特に乾燥する部分にポイント塗りをするのがおすすめです。

ボディケア

フェイスケアと同様、温めた手の上に伸ばし、マッサージオイルとして使用するのがおすすめです。マッサージと保湿が同時にでき、伸びも良いので少量で身体全体をケアしてあげることができます。

クレンジング

乾いた手でメイクの上に伸ばしたらコットンやティッシュで優しくふき取ります。市販のクレンジングよりも刺激が少ないので、肌が弱い人にもお勧めですが、水になじみにくいのでティッシュオフが必要な点が注意です。

アルガンオイルのおすすめについて

おすすめしたいのは

メルヴィータのアルガンオイル

良質なアルガンオイルを使用している為、実際の使用感は非常にさらっとしており、臭いも不快なにおいがしません。

値段は50mlで3500円とそこそこ高いように思いますが、顔だけであれば2~3カ月十分に使うことができます。
メルヴィータは全て古来からの伝統的な方法で、手作業でアルガンの実から種・核を取り出して、良質な物を選定しています。

ローズドマラケシュのアルガンオイル

モロッコ美容の鍵を握る伝統的な原料やコンセプトをベースにつくられています。

いずれも選定された良質なアルガンオイルは低温圧搾法で採取されています。

低温圧搾法

別名・コールドプレス法。胚や菜種をゆっくり押しつぶし、すりつぶしして採油する方法。この際、圧力で高温にならないよう、ゆっくりと時間をかけて抽出するため、栄養素はほとんど壊されないので、高品質なオイルを作ることができます。

無印良品のアルガンオイル

コスパの良さと手に入りやすさでお奨めです。肌や髪のケアだけでなく、マッサージオイルやブースターとしてぜいたく使いができます。

まとめ

このようにアルガンオイルは髪の毛がまとまらずにぴょんぴょんでてしまっているときも、さっと落ち着かせることができます。手先が乾燥してささくれができたとき、爪が割れてしまったときにもネイルケアとして使うこともできます。

クレンジングと乳液・美容液・ヘアケアがこれ1本ですむのも非常に便利です。実際、急な出張のときもかばんにアルガンオイルが入っていれば、旅行用のスキンケアを急きょ買い足す必要がなく、節約になります。

オイルですが夏場でもさらっとしているので、一年中同じものを使えるというのも魅力的です。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧