スポンサードリンク

投資信託をやっている方って

多いみたいですね。

物を作って

買ってもらって

生産して

収入を得る。が本線でした。

懐具合をよくするためには

その他の方法も考えなくては・・・

「お金に働いてもらう」

時代ですかね!!!

投資信託とは

投資信託とは、少額から分散投資ができる投資商品です。
 

分散投資

多額のお金を持っていれば、分散投資をすることは簡単です。

さまざまな銘柄の株式や債券を組み合わせて購入すればよいからです。

ところが、少額で投資したいとなると、分散投資が難しくなってしまいます。
 

資金について

株式であれば株価などにもよりますが、最低1銘柄数万円以上が一般的です。

株価が高い銘柄だと、100万円以上出さないと買えないものもあります。

債券でも、10万円から、100万円からといった購入単位になっているケースが一般的です。
 

リスクヘッジ=回避

投資信託の初心者や少額投資をする人ほど、しっかりリスク分散をしおかなくてはなりません。

投資資金が少ない≒余裕資金が少ないということなので、あまり大きなリスクをとれないからです。
 

投資信託の仕組みとメリット

そんなときに役立つのが投資信託です。

投資信託では、複数の投資家から資金を集め、まとまった資金にして証券会社などが分散投資を行います。

投資信託と一口に言っても、株式に投資するものや債券に投資するもの、特定の国や地域に投資するものなどさまざまです。

例えば、国内株25%、国内債券25%、外国株25%、外国債券25%の投資信託を10万円購入すれば、国内株、国内債券、外国株、外国債券にそれぞれ2.5万円ずつ投資した事になります。

また各分類の中でも様々な銘柄に分散投資されるので、さらにリスクは分散されます。

投資信託のランキングとおすすめ

 

投資信託ランキング

その時々のトレンドにあった投資信託が上位にランクインします。

例えば、2015年中ごろまでは中国の景気が非常に良かったため、中国株に投資する投資信託が人気を集めました。

ただ、こうしたトレンドとなる投資信託の人気は、長続きしないこともあります。
 

投資信託のおすすめ

そこで、新たに投資信託をと考えている場合は、継続的にランキング上位に入り続けている銘柄を探してみます。

具体的には、分散投資を積極的に行っている投資信託がオススメできます。

分散投資でありながらランキング上位を継続しているということは、ローリスクでありながら比較的高いリターンが得られていることを示しています。
 

おすすめの選び方

景気の上下変動などで一時的にランクインする銘柄との区別としては、1年以上上位にランクインしていれば合格として良いでしょう。

ランクインしてさえいれば、トップである必要はありません。

一時的にトップになった投資信託よりも、継続的にトップ10に入っている投資信託のほうが、中長期的に信頼できるといえます。

ランキング内の順位よりも、継続的にランクインする実力があるかどうかを、投資信託選びの基準の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

投資信託の利回りと手数料とは

投資信託を比較すると、「利回り」という言葉が出てきます。
 

利回りとは

投資信託の購入金額に対して得られる利益額の割合です。

利回りは投資信託の運用実績によって変動します。

例えば、日本株に分散投資する投資信託は、アベノミクス効果によって日経平均株価が大幅上昇した時には、高い利回りとなっていました。

株価が上昇すればそれだけ投資信託に入ってくる株式の利回りが増えるほか、株価の値上がり益の恩恵も受けられるからです。

日本の株価=日経平均株価はコチラから
 

手数料

ただ、利回りは運用実績だけで決まるわけではありません。

手数料にも影響されます。

投資信託では、購入時にかかる手数料のほかに、運用や解約時にかかる手数料があります。

この手数料が高いと、いくら投資対象となる資産が値上がりしていても、投資信託の利回りは低くなってしまいます。

証券会社としてはできるだけ多くの顧客に、投資信託を魅力的に感じてもらいたい反面、手数料を下げすぎると利益が上がらない問題があります。

こうしたバランスを考えながら手数料を設定しています。

投資信託の手数料は、投資対象の取引にかかる手数料が高いと高くなります。

例えば、日本株に投資する投資信託では手数料が1%なのに対し、新興国株に投資する投資信託では手数料が3%ということがあります。

この例では、日本株の上昇率が2%、新興国株の上昇率が4%とすれば、見かけでは新興国株投信のほうが利回りが高いものの、手数料を考慮すれば同じ1%になっています。
 
投資信託の利回りを考える際には、購入・運用時や解約時に掛かる手数料のことも意識して選ぶ必要がありますよね。
 

お得で便利な外貨両替をしましょう。

なるべく手数料が安くて、お得なレートがいい訳ですが、それではどんな方法で外貨の両替をしていますか?

まだ、銀行や空港でされていますか。

そんな時は、外貨両替マネーバンクをご覧くださいね。
 




 

FX系の外貨両替に比べても、取扱い通貨が多く・申込後すぐに外貨が届く。

総額では手数料が安く済む。

直接来店でも、自宅や職場・空港郵便局でも受取可能ですよ。
 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧