スポンサードリンク

テレビ・ラジオ・新聞でFXとよく聞きます。

いいものなのでしょうか?

どういうものなのか?

イマイチよくわかりませんよね。

少し調べてみましょう。

FXとは?

海外の通貨を売買して、取引を行い、解約をしたときにその差額によって利益を発生させるという仕組みですね。

自分の資産を外為を利用して、運用をするFX取引、株や不動産と同じ「投資」の一種です。

2017年まではアベノミクスにより外為は日経225とリンクしていますよね。

日経平均と円高・円安を参考にFXを推理しましょう。
 

例えば、例をあげると

ドル通貨=外貨が110円のときに買いポジションで購入をおこないます。

それが111円のときにFXを解約をすると1円の利益となります。

1円分といっても、自分が投資をおこなっている金額によってはいくらでも利益をだすことが可能です。
 

特長はレバレッジ機能

FX取引はレバレッジ機能で、自分の資産を最大で25倍まで引き上げて取引をおこなうことができます。

例えば、資産が10万円あればそれを250万円であることを想定して、取引をおこなうことができるわけです。

利益をだすのは早いが、逆に返せば、すぐに損を出すこともありますね。

ハイリスク、ハイリターンで通貨自体も変動が激しいので、ギャンブル要素が強い投資となりますね。
 

自分でもちょっと・・・

外貨=ドルが120円のときに購入をして、123円のときに売却を行い、そのときに20万円ほどの利益をあげることができました。

レバレッジ機能を利用したからです。

しっかりと知識をもって変動を予想すれば、利益をだすこともできるでしょう。

FXトレードの予想とチャートや税金などは・・・

 

FXトレードの予想は、

評論家などがいて、いろいろと予想のコメントを残してくれております。

それが必ず的中するとは限りませんが、参考にはなるかと思います。

それ以外の人もいろいろと予想をおこなってくれているので、参考にすれば利益を出せる可能性も増えてきます。
 

そしてチャートというものがあります。

これは今までの「変動の履歴」です。

過去の変動をしっかりと確認して、それで投資の参考にすることができます。

「ろうそく」といわれる機能であり、それ以外でも様々機能が存在をしております。

これらは投資者が利益を出すための機能であり、総称して「テクニカル」と呼ばれております。

ろうそくとチャートについては日経コチラから
 

税金との関わりはもちろんあります。

不労所得となるので、年間で利益が20万円を超えると自分の足で市役所まで足を運び、「確定申告」をしなくてはいけません。

これを行っていないと、会社勤めの人は事務所などでいろいろとトラブルが発生をします。

どれだけ、利益を出したか、もしくは損失を発生させてしまったか、その年間の収支もFXの機能で確認をすることができます。

しっかりと確認をして、その金額を確定申告する必要があります。

FX・初心者心得とおすすめなど

わたしが現在契約をしていばる会社は「外為オンライン」と呼ばれる会社です。

イメージ俳優としては大島優子で有名です。

こちらの外為オンラインというのはFX初心者が使用するランキングでもトップです。

自分も蓋を開けてみて納得をすることができました。
 

FXの納得の理由は

いくつかあります。まずはセミナーです。

会社が直接セミナーを開催してくれているので、そのセミナーを受けることで、知識をつけることができます。

自分も参加をしましたが、パワーポイントやレジュメなどを使用してとてもわかりやすいセミナーでありました。
 

miniコース

本来の10分の1資金で取引を行うことができます。

たとえば、ドルで取引を行うのには通常では約50000円ほどの資産が必要となりますが、こちらのminiコースに登録を行うと5000円から取引をおこなうことが可能となります。

これは資産が少ない人のために設けられたコースとなっております。
 

「スコープ」

「スコープ」といわれるテクニカル機能があります。

これは他社にはなく、外為オンラインだけの機能です。

この会社に登録を行っている約5万人がその通貨、買いポジション、売りポジション、どちらが多いのかを確認することができ、これは自分が取引を行う上で非常に参考になる機能です。

自分もこれが一番助かったテクニカル機能であり、利益を出すことができました。
 

お得で便利な外貨両替をしましょう。

なるべく手数料が安くて、お得なレートがいい訳ですが、それではどんな方法で外貨の両替をしていますか?

まだ、銀行や空港でされていますか。

そんな時は、外貨両替マネーバンクをご覧くださいね。
 




 

FX系の外貨両替に比べても、取扱い通貨が多く・申込後すぐに外貨が届く。

総額では手数料が安く済む。

直接来店でも、自宅や職場・空港郵便局でも受取可能ですよ。
 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧