Adobe Reader=アドビリーダー

Adobe Flash player=アドビフラッシュプレイヤー

Adobe air=アドビエアー

と出てきました。

分からないと納得できない性格!

難しく考えすぎですか?

Adobe Readerとは

PDFファイルを閲覧したり、PDF印刷することのできるソフトウェアでした。

Adobe System社が開発したソフトで、AdobeのサイトでAdobe Readerを無料ダウンロードし、使用できます。

PDFとは

Adobe PDFの事でした。それはAdobe社が開発した、電子化された文書ファイル形式のことを言います。

紙に印刷する場合と同じ状態で保存できるため、家電メーカーなどでは、サイトにてPDF形式の取扱説明書が公開されています。

また、役所などでは、公式の書類なども公開され、それらを印刷して使用することができるわけです。

Adobe Acrobat Reader DCとは

このPDFを表示させたり、印刷するのに必要なのがAdobe Readerでした。今まではその名の通り閲覧や印刷するのみの機能しかありませんでした。

2015年にリリースされたバージョン「Adobe Reader DC」は、「Adobe Acrobat Reader DC=アドビアクロバットリーダーDC」や「Adobe Acrobat~」と名称が変更されました。PDFファイルの作成から編集、文書のレビューや注釈の記入など、様々な機能が加えられて便利になりました。

Adobe Acrobat Reader DCも無料でダウンロードできます。

Adobe Acrobat Reader DCの進化機能

Adobe PDFは、このAdobe Acrobat Reader DCさえダウンロードしておけば、OSやバージョンなどのパソコン環境に左右されることなくデータを閲覧することができます。

例えば

エクセルやワードで作られた文書はそのソフトウェアがないと開くことができません。

しかし、PDFで保存されている状態であればファイルの閲覧も可能で、印刷も行えます。

アプリ

アプリもあるため、スマートフォンでの閲覧も可能です。

アプリでも、テキストにマーカーを引いたり文書を編集することが可能です。

Adobe Flash playerとは

Adobe Flashで作成されたリッチコンテンツをWebサイトで再生するためのソフトウェアです。

Adobe Flash player 10などバージョンがありました。

リッチコンテンツとは

テキストや画像だけでなく映像、アニメーション、CGや音声などを用いたコンテンツのことを言います。

動きのないテキストや画像を用いた静的コンテンツと比べて、表現が豊かです。

このAdobe Flashで作成されたリッチコンテンツをFlashと呼ぶ場合もあります。

Adobe Flash playertとは

AdobeのサイトでAdobe Flash playerを無料でインストールし、使用できます。

Flashはニコニコ動画やYou Tubeなどの動画サイトでも使用されているため、このAdobe Flash playerがないと再生できません。

Adobe Flash player アップデート

Adobe Flash playerは特定のバージョンでのセキュリティホールを狙った攻撃を受けることがあります。

脆弱な部分を修正するために、頻繁にAdobe Flash playerアップデートが無料で行われます。

パソコン上にAdobe Flash player アップデートのお知らせが表示されます。

表示をされたら放置せず、必ず早いうちにアップデートすることをおすすめします。

常にAdobe Flash player の最新版を使いましょう。

Adobe Flash player iPad・Adobe Flash player iPhoneのサポートについて

このようにFlashはWebの発展に寄与し一世を風靡してきました。

しかし、Flashの代わりとなる軽い動きを伴ったHTML5などの規格が台頭し始めてから、徐々に衰退を始めます。

HTML5の詳細はコチラから

スティーブ・ジョブスが

「iPhoneやiPadにはFlashをサポートしない。」と明言したことで衰退が加速、その後、iPhoneが爆発的に売れました。

スマフォでのFlash利用はどんどん減っていき、ついにはモバイル向けのAdobe Flash Playerの開発を中止すると発表しました。

Animate CC

Adobe社が2015年の暮れにFlashコンテンツを作成するための開発ツールであるAdobe Flash Professional CCをAnimate CCに変更すると発表しました。

「ついにFlash時代は終焉を迎えたのか」と勘違いする人も続出しました。

しかし、制作ツールの名称が変わっただけで、Adobe Flash Playerの名称は変わりませんし、開発が終了したわけではありません。

Adobe System社は現地時間2016年3月10日「Adobe Flash player 21」および「Adobe AIR 21」=コードネーム:Sutterを正式公開しました。

Adobe airとは

Adobe AIRは、Adobe Flashをブラウザ以外でも動かすことのできる実行環境の事だそうです。

本来FlashコンテンツはWebブラウザに組み込まれているFlash Playerによって再生されますよね。

Adobe AIRを使って作成されたコンテンツは、Windows、Mac OS X、LinuxなどOSを問わない様々なプラットフォーム上で動作させることができます。

また、Adobe AIR runtimeを利用して同じコードでソフト=アプリを生成し、多数の末端機器をカバーする事が出来るそうです。

同じようにAdobeのサイトでAdobe AIRは無料でダウンロードできます。

マルチプラットホームに対応

各プラットフォームごとにアプリケーション開発を行う場合は時間と費用がかかります。

しかし、こうしたマルチプラットフォームに対応している環境の登場により、従来のような時間と費用をかけずに開発を行うことができるようになりました。

従来通り

HTMLやCSS、JavaScriptなどを使ったWebアプリケーション技術を活用して開発することが可能です。

Adobe AIRを使用して作られたアプリケーション=ソフトウエアは多数あります。

ドローソフトや画像ソフト、はたまたTwitterに対応したものから、画像を縮小できるものまで幅広いアプリケーションが開発されています。

かつては、ドコモが携帯電話に搭載してデモを発表したりアスクルがデスクトップツールを開発し、発表したこともあります。

ドローソフト

主にマウスなどポインティングデバイスを用いて、コンピュータ上で画像を描く画像描画ソフトウェア

 

プログラミングを勉強してみませんか?

「自分でホームページを作ってみたい!」
「WEBの仕事で独立したい!」

どんどんIT化が進む中で、確かに便利になっていますが、自分自身がそれら便利なツールを作れる側になれるかと考えると「難しそうだな・・・。」と感じていませんか?

でも、大丈夫です!

実はホームページやアプリケーションは「プログラム」によってできています。

そのプログラムを自分で書けるようになれば、自分のWEBサイトを作れるのはもちろん、便利なアプリやIoTに通じる製品まで操れるようになってしまうのです!

そこで、まずは基本からの勉強が大切。

いきなり、応用編から始めようと独学で学ぶ人も多いのですが、正直基本を学んでいないと、大きな壁にぶつかり挫折してしまうことがほとんどです。

そこで、おすすめなのが「TechAcademy」というプログラミングスクールです。


親切丁寧にマンツーマンで質問することもでき、なにしろネットを通じて自宅や会社にいても授業を受けられるところが素敵です!

さぁ、あなたも今日からプログラマーだ!!!


コメントを書く







コメント内容


商品一覧