スポンサードリンク

「TOEIC」とは皆さんは、

よくご存知かと思います。

私は、「英検」は、

受けたことがありますので、馴染みがあります。

しかし「TOEIC!」とはよく聞く所ですが、
実のところなんなのでしょうか???

どんな試験なのか?

しっかり知りたいと思いましたので

改めて調べて見ました。

TOEICとは?

TOEICは日本で発案されました。

それが、まさにグローバル・スタンダードとなったわけですね。。

TOEICの開発の背景はコチラから
 

TOEICテスト日程

個人で申し込めるTOEIC公開テストは

年10回全国80都市で実施されています。

また、会社・学校単位で実施できる団体特別受験制度や

会社・団体で申し込める制度があります。
 

英語のコミュニケーション能力を評価

扱われる問題は身近な話題やビジネスまで幅広くです。

その国独自の文化や独特な言いまわしなどは出ません。

「聞く」「読む」のテストで「話す」「書く」という能力までも含めた

世界共通で総合的に評価出来るように設計された資格試験ですね。

大学生、社会人などを中心として・2014年現在「=約240万人」

毎年受験者数を増やしている試験でした。

英検=実用英語技能検定と肩を並べる試験です。

英検の受験者総数「1級~5級」は毎年ほぼ約240万人位でした。

TOEFLとの違い

TOEFLはアメリカ・カナダへの留学の資格試験です。

大学での授業を想定した問題等もあり、出題に分野的偏りがありました。

また受験者には内容が難しめでした。

そのため一般の英語能力が計りにくく、

ビジネス界からの要請でこのTOEIC試験が生まれたという背景があります。

TOEICの問題内容は?

試験は

「聞く・100問」=45分と

「読む・100問」=75分、1問5点で

合計200問、マークシートを塗りつぶします。

会話や語彙の知識を問うもので、問題が進むにつれ難度が高くなっていきます。
 

特長

評価は評価基準を一定に保つために、点数が統計処理されます。

その為

能力に変化がない限り評価点=「スコア」も一定に保たれるわけですね。

これによりTOEICテストで、現在の英語能力を他と比較して正確に把握したり、

目標レベルを設定したりすることが可能になるのが、

特長となります。
 

TOEICの点数とスコア=評価点

問題の点数は5点おきです。

コンピュータによる客観的な配点と点数調整がなされ、

5点ごとの評価点となります。

評価点の最高点は990点です。

評価点800点以上が海外駐在業務
=海外に駐在し、英語を使ってほとんどの業務をこなすレベルです。

評価点はA、B、C、D、E、F というレベルに分けられます。

受験者にはスコアシートが後日、送付されますので

正式な英語能力の証明として社会的に幅広く使用することができます。

評価点はコチラから
 

TOEIC試験を生かす方法

返却されたシートには間違った問題数や苦手なポイント、それらに対する対策点など

今後の英語学習に生かせるアドバイスが掲載されており、

学習者への励みになります。

TOEIC試験の特長はコチラから

TOEICの問題集や単語などは!?!

TOEICの対策として参考書、問題集はさまざまな書籍が出版されています。

英検とは異なり、2次試験でスピーキングの能力を計る試験はありません。

そのためリスニングとリーディング、およびそれに特化した単語に

対策の着眼点をおきます。
 

問題集

試験の主催者であるアメリカのETS=Educational Testing Serviceが発売している公式問題集

最も実際の形式に対応しています。

何を使うか迷う人にはまずこれがおすすめです。

未受験の人にもその雰囲気を実体験できるわけです。

また受験者が個別のセクションに得手不得手をもつ場合には

それぞれのパートに即した問題集・新形式問題集

もいろいろ出されています。

出題形式は2016年に新形式になりますが、

勉強法はその性質からしてあまり変わらないようです。
 

リスニングでは

それぞれの問いに的確な解答をするため、

長めの本文にある程度の内容保持能力を養う必要性があります。
 

リーディングでは

文法に関する知識を問う問題、

ビジネス文書、広告文、イベントの告知、

交通情報など

日常で頻繁に触れる機会のある英語の文章に関する問いが出題されます。
 

初心者は

奇をてらった問題よりも、先に基本的な設問

にきちんと解答して

スコアを伸ばすことが大切です。
 

中上級の受験者は

設問にひっかけ問題がいくつかに含まれています。

いかにそれらに正確な知識を持って答えられるかが

スコアアップへの大きな課題点となるようです。

「高得点者からのどうすれば!!!TOEICの勉強方法と受験術!?!」

 

リスニングについては

何について問われているのかという点に常に集中し、

その答えを意識する重要性が必要
 

ラジオ視聴

そのため身近な英語教材で学ぶ際に、話される内容の要点に気を付けることが大切

初級者はNHKラジオの続基礎英語などの番組が、

中上級者は同じくラジオ英会話、ビジネス英会話といった番組や

インターネットラジオの英語放送=イギリスBBCにはさまざま興味深い番組がある

米軍放送であるAFN=Armed Forces Network=のニュースなど

きちんとした会話や構文が含まれた視聴を選ぶべきですね。
 

リピーティングやシャドーイング

聴いた英文をすぐに忠実に発音して再現するトレーニングを

取り入れると非常に理解のスピードが高まる利点がありそうですよ。
 

文法セクションでは

高校までに学んだ教科書および高校参考書の文法書がイイみたいですね。

中上級者には江川泰一朗著『英文法解説』といった少し踏み込んだ本を

利用して紛らわしい文法の知識を整理することを薦められました。
 

リーディングについては

パート7の問題に似た文章にたくさん触れてみるべきです。

実際に問いに答え、

間違った場合に誤った着眼点の理由を修正をするなどして

試験形式に慣れていくことが重要ですよ。

パート7の問題例はコチラから
 

プログラミングを勉強してみませんか?

「自分でホームページを作ってみたい!」
「WEBの仕事で独立したい!」

どんどんIT化が進む中で、確かに便利になっていますが、自分自身がそれら便利なツールを作れる側になれるかと考えると「難しそうだな・・・。」と感じていませんか?

でも、大丈夫です!

実はホームページやアプリケーションは「プログラム」によってできています。

そのプログラムを自分で書けるようになれば、自分のWEBサイトを作れるのはもちろん、便利なアプリやIoTに通じる製品まで操れるようになってしまうのです!

そこで、まずは基本からの勉強が大切。

いきなり、応用編から始めようと独学で学ぶ人も多いのですが、正直基本を学んでいないと、大きな壁にぶつかり挫折してしまうことがほとんどです。

そこで、おすすめなのが「TechAcademy」というプログラミングスクールです。


親切丁寧にマンツーマンで質問することもでき、なにしろネットを通じて自宅や会社にいても授業を受けられるところが素敵です!

さぁ、あなたも今日からプログラマーだ!!!

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧