スポンサードリンク

文字を入力する時にパソコンではキーボードとマウスが必要ですよね。

多くの文字を入力する時や長時間パソコンに向かっている時には、肩こりや疲労の原因にもなりますよね。

例えば、皆さんは右手で操作していたマウスを左手に持ち替えたら肩こりが和らいだとか、マウス操作を控えるようにしたら疲労が軽減されるとか自分なりに対策を考えていませんか。

効率がいい・ストレスが貯まらない・操作しやすい事=こと・物=ものがいいみたいですよ。

このような対策のために自分なりのおススメ日本語キーボードを紹介しますね。

少しお付き合いいただけませんか?

日本語キーボードのおさらい

ここでは特に日本語キーボードと記したのは、パソコンキーボードの配列は英文タイプライターが起源だからです。

 

170316マイクロソフト_サーフェスプロ4キーボード

 

“QWERTY配列”とも呼ばれていて、この配列は英文入力に都合が良いキーボード配列ですね。

この配列を使って日本語を入力する方法として、ローマ字入力が良く使われますね。

ローマ字入力は、例えば「日本語」=「nihonngo」などのように、頭の中で日本語をローマ字に置換え、この置換えたローマ字を、キーボードで入力する方法ですよね。

入力後、漢字にするならキーボードの変換キーを押します。

漢字を使わない時もあるので、無変換キーも必要ですね。

つまり、“QWERTY配列”キーボードの他に、変換や無変換などの特殊なキーが必要になります。

さらに英文を入力するか、日本語を入力するかの切り替え用の半角/全角キーなども必要で、結果として106または109個ものキーを持つ日本語キーボードが標準的になりました。
※106や109の数値は、あくまで目安で実際のキーの数は、メーカーにより異なります。

日本語は、英文や漢字、ひらがな、カナが混在します。

ですから残念ながら、日本語キーボードを使っても、パソコンへ効率的に日本語入力ができるとは言えません。

しかし、より使いやすいキーボードはあります。

キーボードおすすめ

Home、End、PgUp、PgDnキーと、上下矢印キーがそれぞれ別々になっているのが、私のおすすめキーボードです。

HomeやEndキーは、ブラウザ表示中のページ先頭や末尾にワンキーで移動できます。

矢印キーは、本来カーソル移動用のキーです。

コスト削減のため両者兼用のキーボードが多いのですが、別々のキーだと操作に格段の違いが生じますよ。

これが身体と心にいいわけですね。

 

レノボキーボード

例えば、少し高価ですが、レノボ日本語キーボードなどがそれですね。

170316レノボキーボード

このキーボードは、真ん中にトラックポイントまたはポインティング・スティックと呼ばれるマウスの代わりに使える赤いポッチが付いています。

このおかげで、別途マウスを使わずに全ての操作ができます。

狭い机スペースの有効活用にも適していますよ。

私はレノボキーボードで肩こりが軽減されました。

高価でもマウス付きで省スペースが良い!という方にもおすすめですね。

レノボキーボードは、ブルートゥースとUSBの2種類のパソコン接続方法が選べます。

ブルートゥースキーボードなら、パソコン以外にもスマホやタブレットへも接続可能ですよ。

スマホで長文を入力する際にも、パソコンと同じ感覚で入力できるので重宝しますね。

 

logicool キーボード

低価格なおすすめとしては、Logicoolキーボードもあります。

Logicoolキーボードは、横にテンキーが付いていますので、数値入力が多い時に、電卓と同じ感覚で入力でき楽ですね。

170316Logicool キーボード:K270

キーボードの練習

このように元々、あまり日本語入力には向いていないパソコンキーボードで、日本語を上手く入力するには、慣れや練習も必要ですね。

ローマ字入力の練習には、インターネットで無料キーボード練習ができるe-typingなどを使ってはいかがでしょうか。

指が触れるキーボードは、キーの感触や重さ軽さ、押し込む量など、人それぞれに好みがあります。

ここでは、私のおすすめキーボードを紹介しました。

パソコン売場では、色々なキーボードが試せます。

是非実際に押してみて、お試しになりながら、肩こりや負担の軽減するご自分に合ったキーボードを探してはいかがでしょうか。

 

キーボード入力の練習には

手の運動量が脳のリハビリテーションにも良いらしいですよ。

そう思いませんか?

ですから、キーボード操作はボケ防止にも役立つので、老若男女の皆さん!特にいつまでも若々しくいたい方にブラインドタッチをおススメいたしますね。

漢字変換や文節の区切りの変更や変換中の訂正などのきめ細かな練習ができます。

本を読んでも今イチ分からないことが多いですよね。

音声もあり分かり易く便利でそういう方にも体験しながら練習する工夫がされています。

UBB挿入ですぐに使用可能ですよ。

楽天でチェックしてみました。
 

プログラミングを勉強してみませんか?

「自分でホームページを作ってみたい!」
「WEBの仕事で独立したい!」

どんどんIT化が進む中で、確かに便利になっていますが、自分自身がそれら便利なツールを作れる側になれるかと考えると「難しそうだな・・・。」と感じていませんか?

でも、大丈夫です!

実はホームページやアプリケーションは「プログラム」によってできています。

そのプログラムを自分で書けるようになれば、自分のWEBサイトを作れるのはもちろん、便利なアプリやIoTに通じる製品まで操れるようになってしまうのです!

そこで、まずは基本からの勉強が大切。

いきなり、応用編から始めようと独学で学ぶ人も多いのですが、正直基本を学んでいないと、大きな壁にぶつかり挫折してしまうことがほとんどです。

そこで、おすすめなのが「TechAcademy」というプログラミングスクールです。


親切丁寧にマンツーマンで質問することもでき、なにしろネットを通じて自宅や会社にいても授業を受けられるところが素敵です!

さぁ、あなたも今日からプログラマーだ!!!

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧