スポンサードリンク

水戸市に本社を置く大型家電量販店は、ケーズデンキですね。

水戸市立競技場の命名権を2009年に獲得してケーズデンキスタジアムと名付けるなど、地元茨城県を意識した活動を行っています。

大型家電量販店は、ヤマダ電機・ビックカメラが群馬県、コジマが栃木県を創業地としていることもあり、ケーズデンキスタジアムの命名権獲得は自然な流れでしたね。

ケーズデンキの店舗運営方法は他の家電量販店とは大きく異なり、関東地区を拠点としたケーズホールディングス以外は、各地域ごとにフランチャイズ契約された運営会社が経営を行っています。

ケーズデンキの営業時間が地域ごとに異なる点もフランチャイズ契約ならではと言えるでしょう。

またケーズデンキでは家電とパソコン、携帯電話の品揃えに絞っています。

これは「電気に徹してコスト省く」という加藤社長の方針でしたよね。

ケーズデンキあんしんパスポート

創業者が「お客様の立場に立ったサービス」を標榜しているケーズデンキでは、加入料・年会費無料のケーズデンキあんしんパスポート会員というシステムがあります。

このサービスはポイント還元値引きをしている他の家電販売店と一線を画し、客の立場に立ったら「うれしいサービスと感じるよね!」として、店頭価格からその場で更に現金値引をするものです。

また会員は長期無料保証がなされ、買い上げた該当商品のデータが保存され、万一のリコールの案内やその商品にあった消耗品の対応をスムーズに出来るようにもなっています。

これがケーズデンキのお客を大切にする姿勢ですよね。

 

170315ケーズデンキ本文1

 

長期無料保証

近くのケーズデンキで買い物をする際には、アフターサービスを期待して出向く人が多いですよね。

その理由は、会員になれば税別3万円・5万円・10万円以上のケーズデンキが指定する商品を、それぞれ3年・5年・10年と長期無料保証をしてくれるからですね。

日経ビジネスが行なっているアフターサービスランキングにおいても、ケーズデンキは2010年より家電量販店部門において5年連続1位を獲得しています。

ケーズデンキのチラシに継続して掲載された顧客満足度調査1位の調査結果も、家電量販店は売ったら終わりという印象を脱却させるための意味合いを持っていますよね。

地域密着ですので、各店で工夫を凝らしたケーズデンキのチラシはその店舗のカラーを表しているといってもいいでしょう。

各店舗のチラシはコチラの公式サイトから

 

ケーズデンキ 店舗

ケーズデンキの営業時間内では、タイムセールをマイクパフォーマンスで行なうことも多く、売上状況に合わせてケーズデンキのチラシ掲載以外の商品であってもタイムセールで安く買えることがありますよ。

ケーズデンキの店舗では、エプロン姿で接客するスタッフが直接雇用の従業員ですが、各メーカーからの販売応援も積極的に受け入れています。

ケーズデンキの運営方式は、ケーズホールディングスを中心としていますが、そればかりでなく地域ごとに締結されたフランチャイズ運営会社とも連携して独自ノウハウを共有し、このように外部企業との連携も行って他の家電量販店とは一線を画した「あくまでも顧客重視」の営業方針を貫ぬいていますよ。

 

ケーズデンキ 洗濯機

ケーズデンキで洗濯機を購入したことがある人ならば、他の家電量販店とは異なり後からリサイクル回収のみでも依頼出来ることを知っているでしょう!

多くの家電量販店では、洗濯機のリサイクル回収は新品購入時のみ自宅まで引き取り回収を依頼出来ますが、ケーズデンキで洗濯機を購入すると出張料は掛かるものの後から単独でリサイクル回収依頼が可能です。

近くのケーズデンキまで洗濯機を台車で運んで行けない時やトラックを持っていない世帯にとっては、アフターサービスの満足度を上げる理由にもなっていますね。

 

170315ケーズデンキほんぶん2ネット

 

ケーズデンキ 通販

ケーズデンキの通販価格は、店頭での実売価格に近いことでよく知られています。

近隣店舗が無くてもケーズデンキの通販を利用すれば、いつでも新製品が安く購入可能です。

ケーズデンキでパソコンを購入する際には、店舗内にパソコンクリニックが併設されているケースがあります。

外部の会社に委託して専門のスタッフによる運営が行われていますが、ケーズデンキで購入したパソコン以外であっても、修理相談を受け付けられる特徴がありますよ。

ケーズデンキのネット通販はコチラの公式サイトから

 

すべては社員のために「頑張らない経営」

がんばらないとは=無理をしない事で、従業員が安心して長く勤められる環境づくりをしているのが、ケーズデンキだということですね。

そして会社が従業員を守り、従業員が会社を支える会社を目指し、あの安売り激戦地の家庭量販業界で、創業以来60年以上連続して驚異の増収を続けているケーズデンキの創業2代目加藤社長の経営哲学ですね。

楽天でチェックしてみました。

 

プログラミングを勉強してみませんか?

「自分でホームページを作ってみたい!」
「WEBの仕事で独立したい!」

どんどんIT化が進む中で、確かに便利になっていますが、自分自身がそれら便利なツールを作れる側になれるかと考えると「難しそうだな・・・。」と感じていませんか?

でも、大丈夫です!

実はホームページやアプリケーションは「プログラム」によってできています。

そのプログラムを自分で書けるようになれば、自分のWEBサイトを作れるのはもちろん、便利なアプリやIoTに通じる製品まで操れるようになってしまうのです!

そこで、まずは基本からの勉強が大切。

いきなり、応用編から始めようと独学で学ぶ人も多いのですが、正直基本を学んでいないと、大きな壁にぶつかり挫折してしまうことがほとんどです。

そこで、おすすめなのが「TechAcademy」というプログラミングスクールです。


親切丁寧にマンツーマンで質問することもでき、なにしろネットを通じて自宅や会社にいても授業を受けられるところが素敵です!

さぁ、あなたも今日からプログラマーだ!!!

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧