スポンサードリンク

(ペイパル)とは?と聞かれたら

「メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスです。」

「Paypalが当方と取引先との金銭授受を仲介するため、取引先へクレジット番号や口座番号を伝える必要がありません。」

そのため

「Paypalは、危険なく安全に取引ができるサービスとなっています。」と答えています。

お店など取引先に大切なカード情報を知らせることなく、ペイパルにクレジットカード情報を登録しておきさえすれば、メールアカウント(IDとパスワード)だけで決済完了するのでより安全に支払いができるというわけですね。

ですから、インターネット通販が発達しているアメリカを中心に広く普及しています。

paypal と は

paypalとはアメリカで1998年12月にPayPal Inc.の社名で設立されました。

2002年にアメリカの大手ネットオークションサイトのeBayに買収されその子会社になりました。

2015年7月にPayPal Holdings Inc.としてアメリカのサンノゼに本社を置き分離独立して現在に至っています。

日本も含まれるペイパルの国際部門はシンガポール(PayPal Pte. Ltd.)を拠点としたシンガポール法人ですね。

PayPal Pte. Ltdは日本では、資金移動業者(資金移動業の役務提供を行う)として金融庁関東財務局長第00026号に登録されていますね。

世界203の国と地域で、1億5000万人以上が利用していますよ。

特に海外から商品やサービスを購入する際Paypalは便利です。

一般的に海外から商品やサービスを購入する場合振込手数料が発生しますが、ペイパルでの支払いは無料だからです。

また初めての取引で信用できるかどうかわからない場合・特に海外通販を利用する場合にクレジットカードを使って支払をするのも気がひけますよね。

ですからそんな時には、正にPaypalの支払いがオススメというわけです。

ペイパル ログイン

PayPalを利用するためには、まずアカウント(メールアドレスとパスワード)登録を行う必要があります。

アカウントの開設に登録費用・年会費・利用手数料などはかかりません。

アカウント登録の画面は、日本語のページとなっていますよ。

その後ペイパルにログインして、個人情報とクレジットカードまたは国際ブランドがついたデビットカードの情報を入力しますね。

Paypalを危険なく、快適に使用するためには、ペイパルログインという作業はどうしても必要となります。

 

ペイパル 手数料

Paypalでの支払いには手数料はかかりません。

ただ海外への支払いの場合は為替手数料等が別途かかる場合があります。

Paypalで支払いを行った場合、Paypalからクレジットカード決済を行うための請求メールが届きます。

届いたメールのリンクにアクセスし、支払いの認証をする必要があります。

ペイパルについては大変解りやすいコチラの公式サイトから

 

PayPalでの危険性について

日本的に作成されたサイト構成ではないので慣れない事もあり、受け取ったペイパルメールが不正なフィッシング(なりすまし)メールや詐欺メールの可能性はゼロではないのでその点については注意をしましょうね。

PayPalのロゴが入っているだけでは、気を許してはいけませんね。

例えば、そのメールが当初した登録内容であるか、自分宛ての名前で来ているかは確認お願いしますね。

また、ペイパルでは厳格なルールでメールを送信していますし、個人情報をペイパルメールで確認することは絶対にありません。

もし、少しでも疑念のあるペイパルメールを受け取った場合は、コチラの公式サイトで確認してくださいね。

 

ペイパル入金

Paypalへの入金は、日本国内の銀行からは行えません。

銀行口座からPayPal口座に入金出来るのは、アメリカ国内のみで利用できるサービスです。

日本ではPaypal加盟店で何かの商品やサービスを購入した場合に、Paypalに登録したクレジットカードの情報を使用して支払いを行うことになります。

Paypalで支払いを行うためには、登録したアカウントを使用してPaypalへのログインをする必要があります。

毎回ペイパルにログインして情報の入力が必要になるのではなく一度ログインすれば、180日間は保持できるため、煩わしい思いをすることはありません。

ペイパルクリップ

170307ペイパル本文1

ペイパルクリップでは、日本国内でPayPal が使えるお店の情報やキャンペーン情報をご紹介しています。

また、海外で使えるお店の情報・海外通販ガイドを紹介していますので、ペイパルをお使いになるための便利な情報サイトです。

ペイパルの新規登録もこちらからどうぞ!

ペイパルクリップはコチラの公式サイトから

 

Paypalで代金の受け取り

例えば、ビジネスアカウントを持ってeBayなどのインターネットオークションサイトに商品を出品し落札された場合、商品を購入した方がPaypalで決済を行ったとします。

この場合、Paypalで相手側から代金を受け取ります。

その場合海外から支払いを受けた場合のペイパルへの決済手数料は、受取金額の3.9%+40円/件です。

国内から支払いを受けた場合の手数料は3.6%+40円/件です。

PayPal口座からの引き出しは、銀行口座への振込で行われます。

この代金は、ご自身の日本の銀行口座へ引き出すためには5万円以上の場合は手数料無料です。

5万円未満の場合は250円の手数料がかかります。

Paypalへの入金は、国内の銀行からは行えませんが、Paypalからの出金は国内の銀行から可能です。

ペイパルをビジネス利用をご検討の方はコチラの公式サイトから

 

ペイパルを解約

Paypalのアカウントが不要になった場合は解約することができます。

個人設定の画面から、「アカウントを解約する」のリンクをクリックするだけなので非常に簡単です。

しかし、1度解約したアカウントは2度と使用できません。

そのため、残高が残っていないか、支払いが残っていないかを確認してから解約することをオススメしますね。

 

PayPal買い手保護制度

Paypalアカウントは相手に口座番号やクレジットカードの情報を伝えることをせずに安全に取引を行えます。

そのため、海外のオークションサイトや通信販売などで商品やサービスを購入する際に重宝します。

さらにPayPalを利用して代金を支払ったがその商品が届かなかった場合・商品の説明が実物と著しく異なった場合は返金されるというPayPal買い手保護制度がありますよ。

登録も非常に簡単ですので、これを機にアカウントの作成をオススメします。

買い手保護制度についてはコチラの公式サイトから

 

クレジットカードが必要になりますよね。

ポイントが貯まりやすいカードと言えば

楽天カードがお薦めですね。

新規入会にポイントが

ネットショッピングにも対応しています。

楽天でチェックしてみました。
 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!

\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧