スポンサードリンク

Suicaはカードをかざすだけで改札が通れる、とっても便利なプリペイド型の電子マネーカードですね。

通勤時に煩わしい切符購入することがないので、慌ただしい時間帯にタイムロスがなくて助かりますね。

通勤の他にもコンビニ決済で電子マネーにも利用可能なのでこれ一枚で日常の生活がとても便利になります。

しかし、こんなに便利なSuicaですが未だにSuicaを購入されていない方が多い事に驚かされます。

Suicaを購入していない方の理由の多い一つとしてSuicaの購入方法がよく分からない方や知らない方が多いのではないでしょうか?

私も恥ずかしながらつい最近までそのうちの一人でした。

しかしSuicaの購入方法はとっても簡単ですよ。

Suica 購入方法

JR東日本の駅にある多機能券売機又はみどりの窓口でデポジット金500円を支払えば、購入する事が出来ますよ。

タッチパネルで操作の際はmy suicaとsuicaカードの二種類を選択するようになっています。

my suicaは購入時に氏名・生年月日・性別・電話番号などの個人情報を記入する必要があります。

suicaカードは個人情報を記入する必要がなくすぐにsuicaカードが購入出来る仕組みになっていますね。

my suicaを紛失した場合には、すぐに駅係員かSuicaカードの窓口へ連絡しましょう。

Suicaカードの紛失・盗難等はコチラから

即時にSuicaカードの利用を停止させることができ、不正利用の抑止にも対応できますよ。

suicaカードは紛失しても戻ってくる可能性が極めて低いみたいですので、失くさないように十分注意しましょうね。

もし紛失してしまったら再発行可能でスムーズに手続きが完了するのでmy suicaカードをおすすめしますね。

Suicaについてはコチラの公式サイトから

Suica 履歴

一方、便利になる反面、セキュリティ面での心配もあります。

不正にSuicaが利用されていれば大変です。そこで、私の場合は1ヶ月単位でSuicaの利用履歴を確認しています。

Suicaの履歴や残高を見る方法は駅の券売機を利用する事ですよね。

二つ目はパソコンを使って確認する方法です。

電子マネーには非接触型ICチップ FeliCaが使われていています。

このFeliCaをパソコンで読み取れるシステムがFeliCaポートと言います。

 

170222Suicaフェリカ

FeliCaポートはパソコンに内蔵されてタイプと外付けするタイプがあります。

内蔵されているタイプのパソコンで例えばVAIOなどですと履歴や残高を直接確認できます。

一方外付けタイプの確認は外付け専用のFeliCaポートであるパソリなどをパソコンに接続すれば確認出来ます。

 

モバイル Suica・Suica アプリ

三つ目はスマートフォンからSuicaの履歴や残高の確認が出来るモバイルSuicaを使うのが便利ですね。

モバイル SuicaとはJR東日本が提携する携帯アプリケーションで、おサイフケータイを利用できる携帯に限りインストールして利用出来ますよ。

このSuica アプリを利用すると何処にいても何をしていても24時間365日Suicaへのチャージが行えます。

 

Suica チャージ クレジット

Suicaは利用残高が少なくなるとチャージする必要があります。

残高確認後のSuicaへの現金チャージは駅ではもちろんの事、コンビニでも24時間チャージ可能です。

Suicaへのクレジットチャージは、JR東日本が運営するビューカードまたは提携ビューカード以外はチャージできないという事でした。

ですから、ほとんどの方がSuicaへのチャージは現金ということになるようですね。

しかしながら、viewカードからのチャージは3倍のポイント=1,000円に付15円が貯まりますので大変お得なサービスですね。

さらにそのビューポイントからSuica電子マネーへの交換も可能です。

 

しかしクレジットカードはとても便利ですが、反対に紛失した際の不正利用の可能性や使用金額の把握を怠る場合がありますので、ビューカードをさらに増やす人は少ないです。

Suicaのチャージがクレジットで出来れば!と、そんな時に現れた救世主がこのモバイル Suicaなのです。

 

Suica iphone7

しかもiPhone7発売に伴いSuicaをiPhone7で使用出来る決済システムApple Payのサービスが開始されたので利用しない手はありません。

Apple PayはiPhoneに搭載されている決済システムでこれでお買い物が出来るおサイフケータイの一種です。

これまでのiPhoneはICチップであるFeliCaを利用しスマホをかざすだけで電子マネーの支払いが出来るおサイフケータイ機能がありませんでした。

Androidのみ利用可能でしたが、JR東日本ではiPhone 7でSuicaを利用できる公式アプリSuicaをスタートさせたので利用者数が増える事は間違いないでしょう。

Apple Payが搭載されたiPhone7からSuicaが利用できるモバイル Suicaでの利用者数が増える事は間違いないでしょう。

 

Suica ポイント クラブ ログイン

Suicaポイントクラブに事前に入会する必要がありますが、Suicaを利用した際のポイントを貯める事が出来ますよね。

170222Suicaポイント

 

これはSuicaを電子マネーとして利用した場合に、購入金額の100円もしくは200円ごとに1ポイントSuicaポイントが蓄積されます。

SuicaポイントクラブはJR東日本の公式サイトで無料会員登録をすれば誰でもポイントが貯まる仕組みになっているので嬉しいですね。

Suica ポイントクラブにログインしてくださいね。

Suicaポイントクラブとポイントが貯まる店舗はコチラの公式サイトから

 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!
 
\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/
 

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧