スポンサードリンク

全国で使用できる交通系ICカードのICOCAカードとSuicaカードは、いずれも駅の切符券売機で500円からチャージ=入金できますよね。

またコンビニでチャージができ、プリペイド式カードでも使えるようになりましたので大変便利になりましたね。

ICカードのタッチだけで小銭を気にする必要もないので、私はスイカを電車利用時以外にもコンビニでコーヒーやパンを購入するに利用しています。

 

スイカ 残高確認・スイカ チャージ コンビニ

その際にスイカカードの残高確認をして、残高が少ない時にスイカのチャージをすることが多いですね。

そうすることにより、改札に入る時に残高不足でゲートが閉じるのを予防していますよ。

JR東日本のスイカカードエリアでは、初乗り運賃に満たない場合、ゲートが閉じて改札へ入ることができませんが、JR西日本のICOCAエリアでは、初乗りに満たない場合でも改札へ入ることができてしまいますよ。

スイカカードの残高確認を常に気にしないとならないスイカのエリアと比べて、ICOCAのエリアではそれを気にすることはありませんので、急いで電車に乗る場合にはICOCAエリアでは優しい対応といえますね。

その後降りる駅でICOCAへチャージか、不足分を精算するわけですね。

ではなぜICOCAカードとスイカカード改札時の入場条件が異なるのでしょうか。

ビューカードと連携できるスイカカードの場合、残高不足の場合には自動的にチャージする機能がついているためです。

ビューカードによってスイカカードはプリペイド式カードの機能になるからです。

ICOCAの場合はオートチャージ機能がありませんので、このような差が出てしまいます。

ですからもしスイカカードを使ってICOCAエリアを利用する場合ではオートチャージは実行されませんので、ご注意くださいね。

スイカカード・ICOCAカードの利用可能エリアはコチラの公式サイトから

スイカ カード 利用範囲

スイカカードを電子マネーとして利用できる店舗の業種はICOCAと大差がありません。

170214Suica,ICOCA(2)本文チャージできる

 

スイカもICOCAも、例えば、駅以外でもコンビニはもちろん、本屋さん、百貨店、レストレンで電子マネーとして利用することができます。

もし、スイカを電子マネーとして利用する場合は多いと思われる方は、スイカポイントクラブに事前に登録し、スイカポイントが貯まるようにしておくと便利です。

スイカカード利用範囲もどんどん拡大しており、ポイントが貯まりやすくなってきています。

スイカカードでポイントが貯まるお店はコチラの公式サイトから

一方、ICOCAは通常のICOCAカードではポイントが貯まりませんので、クレジットカードと連動したスマートICOCAカードを発行した上で利用することをお勧めします。

 

ICOCA 地下鉄

2017年3月25日以降よりICOCAが拡大するニュースを紹介します。

ICOCAが大阪市営地下鉄や、京都市営地下鉄。神戸市営地下鉄といった地方自治体が運営する鉄道や、南海電車、泉北高速、山陽電車、神戸電鉄などのJR西日本以外の私鉄においてもICOCAを販売することとなり、ICOCAカードの拡大が進んでいます。

 

ICOCA 購入 阪急

一方、ICOCAを販売しない関西大手私鉄は阪急のみとなってしまいました。

阪急は最初に自動改札機を導入した鉄道会社ですが、少し取り残された感があります。

スルッとKANSAI協議会の前身である、阪急のラガールカードを交通系ICカードであるPiTaPa発行までを阪急が先導しててきたこともあり、阪急の各駅でICOCAが購入できるようになるのは時間がかかりそうです。

PiTaPaは後払いでチャージも不要(スイカエリアなど、事前チャージが必要な場合は除く)で利便性があることから発行枚数も300万枚を突破しています。

今後の阪急の動向が注目されます。

 

ICOCA 定期

またICOCA定期も関西の私鉄各社の連絡定期券として拡大をしており、2017年の3月25日以降より関西の私鉄、市営の交通局でICOCA定期券の販売を開始することになりました。

さらに同時に、ICOCAとPiTaPaの相互の定期券の連絡範囲が拡大する予定となっており、1枚のIC定期券に集約することができ、利便性が高まりそうです。

 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!
 
\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/
 

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧