スポンサードリンク

JR東日本は首都圏始め、上信越、東北地域を網羅していて、日本のJR各社(北海道、東海、西日本、四国、九州)の中でも2兆円規模の一番の売り上げを誇る会社ですね。

JR東日本のエリアにおいて、1日1,700万人が利用しています。

そのうち首都圏が90%以上の利用者数を占める一極集中型です。

JR東日本の特徴とも言えますよね。

その中でJR山手線の朝の通勤ラッシュ時間帯の7時から8時台は、2分から3分間隔での運行ですね。

jr東日本 電車 運行状況

実際に電車を利用していて困ること、それは電車の遅延ですね。

そんな時は「jr東日本、電車運行状況」と入れて検索してみてくださいね。

jr東日本の公式HPから現在の電車の運行状況・遅延情報が見ることが出来ます。

これはリアルタイムで遅延情報が更新されますので家を出る前など事前に調べておけば、路線を変えたりタクシーやバスなどを利用したりして対処することが出来ますね。

HPには遅延の理由も書いてますので見ておきましょう。

「荷物挟まり」などだったらすぐに解消されるかも知れませんし、「人身事故」でしたら最悪一時間以上の遅延もありますよね。

 

改札口掲示板

駅では改札口付近にある、JR東日本の電車の運行状況・遅延情報を表示するディスプレイを参考にしましょう。

遅延している路線名と、路線図が表示されています。

運行支障が発生している路線がわかりやすく表示されていますね。

そのため迂回すべきか振替輸送があるか分かりやすく確認することができますね。

JR東日本以外の私鉄路線の運行支障が発生している場合も、その運行情報が表示されますので便利ですね。

jr東日本 料金表

JRの運賃は営業キロ数に応じて運賃が異なります。

JR東日本の運賃では地方交通線、電車特定区間、及び山手線内という3つの区分けがあります。

JR東日本旅客営業規則の第3章旅客運賃・料金に運賃計算がありまして、その第78条第1項第1号には、山手線内の駅を発着とした乗車の場合には、普通旅客運賃の計算において割安な賃率を適用するルールがあります。

つまり首都圏、及び山手線は利用者数が多いこともあり、割安な運賃体系となっています。

 

Suicaカードと切符

JR東日本のSuicaカードを利用すると、通常の切符を購入するよりも運賃が安くなります。

これは消費税が8%となった際に生じた事象です。

その理由は、端数の金額は切符では切り上げとなりますので、結果として切符の方が高くなってしまいます。

例えば、東京から新橋までは切符を購入した場合は140円ですが、Suicaカードを利用すると133円になります。

しかし一方で地方交通線を利用すると、ICカードよりも切符を購入したほうが安くなる場合もあります。

例えば、東京から熱海へ行く場合、ICカードですと1944円ですが、切符の場合は1940円と4円安くなります。

幹線や地方交通線の場合、端数の運賃は四捨五入するルールのため、ICカードは1944円ですが、切符の場合は四捨五入により1940円となります。

 

jr東日本 運賃表

「JR線近距離きっぷ運賃表検索」と検索すれば、jr 東日本各駅からの運賃表がpdfファイルで閲覧することが出来ます。

入力した駅から全部の近距線各駅までの運賃が、図で出て来るので一目瞭然で解りやすいですね。

Suicaカードと切符の運賃の比較表もありこれは意外に便利ですよ。

電車のいくつかの路線を乗り継いで目的地に向かう場合は、別のHPの運賃、料金案内で見たほうがわかりやすいでしょう。

「jr東日本、運賃、料金案内」で検索すれば複数のHPが見付かります。

これらのHPでは、出発の駅と目的の駅を入力すれば、いくつ電車を乗り継ぐ場合でも自動的にかかる運賃を計算してくれたり、切符運賃の特例や特急券など切符あれこれのトピックが掲載されていますよ。

なお旅行計画などで事前に調べるには、JR東日本えきネットの公式ホームページに運賃と料金の案内があります。

調べることによって少しでも得することがありますので、事前に確認されることをお勧めします。

 

jr東日本 定期券 料金検索

JR東日本の定期券の料金検索はインターネットが便利です。

「JR東日本、定期券、料金検索」と検索すれば「定期代検索」の公式HPが見付かります。

私は定期券を購入する際、同じ料金で少し先まで購入できるかどうかを検索します。

例えば、JR大井町からJR新橋駅までの定期券代と、2つ先のJR東京駅までの定期券代は同じです。

ですから事前に定期券の料金検索を行っておくと得をした購入ができます。

このHPから事前にインターネットで定期券の申込みが出来て、JR東日本の各駅にある券売機やみどりの窓口で定期券購入や受け取りが可能です。

特に4月の新年度においては、定期券を購入するために長蛇の行列ができます。

事前に申し込みをしておくと短時間で購入することができますよ。

jr東日本 大人の休日倶楽部

JR東日本には大人の休日倶楽部という会員制度があります。

この会員サービスは年齢が満50歳上になると運賃が割引になります。

例えばミドルと呼ばれる男性が満50から64歳、女性が満50から59歳の場合は運賃が5%割引、ジパングでは男性が満65歳以上、女性が満60歳以上の場合は30%割引となります。

 

jr東日本 大人の休日倶楽部パス

この大人の休日倶楽部に入会している場合、あまりのお得さに若い人達から「ずるい」とまで言われる「大人の休日倶楽部パス」があります。

これは期間限定で数日間エリア限定で乗り放題になる切符です。

いくつか種類があるのですが、その内のひとつを例に挙げますと、jr東日本全線を四日間乗り放題で料金は15000円のプランがあります。

これは関東はもちろん、東北の端までをも含んだエリアで、しかも新幹線や特急であろうと自由に乗り降りし放題になるというものです。

ものすごく料金的にお得で、例えば東京駅から青森駅まで普通に新幹線を利用しただけで17000円ほどかかってしまいますから、片道青森に行くだけで元が取れてしまいますね。

しかも四日間も乗り放題ですから、新潟や仙台、秋田など魅力的な観光地に足を伸ばして楽しむことも自在ですね。

さらにレンタカーの優遇、駅KIOSKでの割引など複数のサービスまでついてる切符です。

そして現在、北海道新幹線開業1周年を記念して、JR東日本と北海道エリアを組み合わせた、5日間のフリーパスが26,000円と大変お得です。

50歳になって夫婦そろってゆっくりと旅行をするのもいいのではないでしょうか。

ぜひ旅行好きな夫婦であれば大変満足する商品です。大人の休日倶楽部の公式サイトはコチラから

 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!

\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧