スポンサードリンク

最近はJAL、ANAといったフルサービスキャリアでも旅割などで、通常料金の半額程度で格安の航空券が購入できるようになりましたよね。

ですから、気軽に飛行機を利用できるようになって来ました。

しかし、格安航空会社(LCC)が台頭して来ましたので、さらに航空券の格安価格競争になっていますよ。

LCCの国内線の一覧としては、ピーチ、ジェットスター、バニラエアの3つですね。

飛行機を利用するには、まだまだ高額のイメージがあって腰が引けているあなたに、一度LCCをお得に利用チャレンジしてみませんか?

LCCで福岡へ

試しにLCCで福岡へ行く際の料金などについて紹介しますね。

LCC国内線のピーチ・ジェットスター・バニラエアは羽田ではなく成田からの発着になります。

格安航空券料金は例えば2週間後の旅行予定を立てた場合、成田から福岡へは片道5190円から15,000円位で、往復では約15,000円程度が妥当な金額でしょう。

都心から成田へ行く料金は、成田エクスプレスが一番高くて片道3500円程度で往復で約7000円かかります。

しかし都心から成田まで片道1000円(事前予約決済で900円)の京成バスやJR大崎駅からのウイラーバスもありますので、安い価格のものを利用するとよりお得となりますよ。

一方フルサービスキャリアの料金は羽田から特割料金でも片道10,000~20,000円程度ですが、実際乗るためにはやはり往復30,000円は必要でしょうね。

つまり、LCCの料金はフルサービスキャリアの約1/2~約1/3です。格安航空券では成田までの料金を含めたとしてもLCCを利用するのが断然安いことになります。

 

安さの理由は

LCCでは、機内サービスの削減・手荷物制限を厳しくして・運航コストを抑える一方で、その削減によって生み出される費用分を航空料金の割引に反映させて利用者に還元する仕組みを持つからです。

徹底的にコスト削減をしていますので、格安航空券では利用者が自分で事前準備をしたり理解しておくべきことが色々とありますよね。

運賃は手荷物や座席指定などの旅のスタイルで、シンプルピーチ・バリューピーチ・プライムピーチの3つの運賃タイプに分かれています。

例えばLCCの国内線で荷物を預ける場合、重量や個数が厳密に決められています。

LCCの代表格であるピーチでは機内に持ち込める手荷物は、身の回りのものと手荷物の合計2個までで、重さは合計10キロまでと定義されています。

またその機内に持ち込める荷物のサイズは、3辺の合計が115センチ以内でかつ各辺が55センチ×40センチ×25センチ以内です。

これは、各辺の合計が115センチ以内であったとしても、各辺のサイズを超える場合は機内に持ち込むことができませんので預けることになります。

預けるとなるとその場合には有料となります。LCCを利用する場合には、最小限の荷物にすることに心がけましょう。

格安航空券で安さを実感したい方・LCCピーチの公式ホームページはコチラから
 

180312格安航空券
 

その他に沖縄那覇空港での注意点が2つあります。

1つ目は

那覇空港ではLCC専用ターミナルとなり、那覇空港の国内線ターミナルではないので、格安航空券では徒歩やマイカー、タクシーでの入場はできまん。

那覇空港LCCターミナルへは専用シャトルバスでいくことになりますので、チェックインの時間やシャトルバスの移動時間も含めて、余裕をもっていくことをお勧めします。

2つ目は

国内線ターミナルとは違い、売店には最低限のものしかありません。

ですからゆっくりお土産を選ぶ場合には国内線ターミナルで買うか、旅行中に購入し、手荷物に入れ個数を減らすことをお勧めします。

但し、重さ制限である10キロには注意しましょうね。

 

LCC 国際線でも

LCCのピーチでは、国際線においても同様に手荷物の定義がされています。

LCCの国際線では荷物が多くなることが予想されます。

免税品も手荷物の定義として入りますので、個数制限や重量にも気をつけて最小限の荷物で旅行することを心がけて余分な料金を支払うことのないように注意しましょうね。

LCCの国際線については、ジェットスター、ピーチ、バニラエア、エアアジアジャパンが運航していますが、LCCでも羽田空港からも運航しています。

LCCのピーチでは羽田からソウル、台北、上海への路線が運航していますよ。

出発地を入力すると到着地料金などが簡単に検索できる公式ホームページはコチラから
 

170118本文2

LCCのセールについて

LCCのピーチはセールとして、弾丸スペシャルというものがあります。

これは0泊で往復する際のお得な格安料金設定です。

期間限定で、かつ搭乗日限定の商品となりますが、例えば羽田と台北間は往復で7000円、羽田とソウル間は往復で9000円からとなります。

「台北やソウルでお買い物」「お食事を楽しんで帰る」というまさに弾丸ツアーですが、現地の為替などを考慮すると、国内旅行よりも安くすみます。
 

アクティブ60

60歳以上の方が利用する場合、国内線で片道料金が安くなります。

これも期間限定、搭乗日限定でとなりますが、例えば大阪・関西空港から成田まで格安航空券では4800円からです。

新幹線の新大阪から東京までの料金は14,000円程度ですので、LCC ピーチ利用で新大阪から関空・成田から都心までの交通費を2,500円程度見てもLCCのピーチを利用するとお得になります。

LCCは手荷物等の制限がありますが、格安航空券の料金は安いです。

キャンペーンもあるかもしれないアクティブ60についてはAIによる自動応答で気軽に質問24時間365日利用出来ますよ。

LCCが発着する空港までの交通費や所要時間とも考慮して色々試算してお得に利用しましょうね。
 

ふるさと納税システムを使ってLCCピーチ航空券ゲット!

大阪府泉佐野市・茨城県鹿嶋市・宮崎県小林市の返礼品にLCCピーチの航空券がありますよ。

例えば、大阪府泉佐野市では30,000円を納税すると半額の15,000円分のLCCピーチの航空券がゲットできます。

関空から東京まで往復してお釣りが出ますよね。

お得の上にお得の情報をこちらからチェックして見てくださいね。
 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!
 
\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/
 

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧