スズキ=スズキ株式会社といえば静岡県浜松市に本社のある、軽自動車やバイクを製造・販売している企業ですね。

日本の大手四輪車メーカーであり、世界販売台数は世界第10位ですよ。

国内販売台数は2015年度において、国内第と3位の有力企業ですね。

特にインド市場で強みを発揮しています。

日本独自の進化を遂げた軽自動車

インドで2014年度年間自動車販売シェアのうち54%はスズキが占めています。

2002年にインド政府との合弁会社マルチ・ウドヨグをマルチ・スズキ・インディアとして子会社化し、スズキは現在連結経常利益の4割を占めています。

限られた規格の範囲に高い技術を詰め込み、かつ価格を抑えた軽自動車は、日本におけるシェアも高く、品質も良いとされています。

1988年発売のスズキ軽自動車 ワゴンRは、手狭感が弱点だった軽乗用車に、屋根が高い車体を採用して「大人4人がゆったり座れる広さ」を強調して男性顧客の取り込みを目指しました。

2014年1月に発売を開始したクロスオーバーSUV型スズキ ハスラーは初年度で、10万4233台のヒット車種となって軽乗用車販売台数の大幅アップ(2013年比15.9%増)を記録しました。

そして現在軽自動車は、日本の新車販売の4割を占めるまでに成長し、消費者に大変な人気がありますね。

スズキ リコール

しかしながら、残念なことに、2016年3月にスズキの主力軽自動車である、ワゴンRなどの6車種、計161万6125台のリコールの届出がありました。
 
161026スズキ自動車
 

このスズキのリコール規模は、1度の届出としてとしては過去3番目の規模となる、スズキ自動車にとって大変大きな痛手となりました。

スズキのリコール内容は、エアコンの部品に不具合を抱えていることからエンジンのエンストにつながるというものです。

このエンストにつながる原因は、エアコンのコンプレッサーの潤滑油の量が足りないことにより、摩擦でエアコンのコンプレッサー内部が焼付く可能性があり、最悪の場合、コンプレッサーからつながるエンジンに過大な負荷がかかり、エンストにつながるとの見解となっています。

さらに、このスズキのリコールとして届出された内容による不具合が、2011年から2015年の間に245件発生していた模様ですので、リコールに踏み切ったものと考えられます。
 

スズキ自動車 ホームページ

スズキ自動車のホームページにはリコールの情報が掲載されていますが、インターネットの検索サイトに、「スズキリコール 検索」と入力すると、スズキのリコール等情報のページがヒットし、ダイレクトにアクセスが可能です。

このスズキリコール検索のページから四輪車の情報、二輪車の情報、およびその他の情報として、電動車椅子や船外機に関するスズキのリコール情報の検索も可能です。

なお、リコール対象の車種かどうかの確認方法で鍵となるのが車台番号です。

では自分の車の車台番号の確認方法と、リコール対象であるかどうかの確認方法について説明しますね。

車台番号は自動車の車検証から確認することができます。

車検証を手元に用意し、その番号を控えましょう。

そして、確認した車台番号をもとに、スズキのホームページのトップからリコール等対象車両検索のリンクをクリックし、車台番号を入力の上、リコール対象か否かを検索していきます。

リコールに該当する車台であれば、速やかに無料修理を実施しましょうね。

スズキグレード 検索

また2016年三菱自動車などのメーカーによる燃費・排ガス試験に関するデータ不正により、国土交通省から一部の車種の実測を行う検証が進められてきました。

スズキの車種も確認・検証の対象として実施され、マツダへのOEMを含む26モデル214万台が測定時に不正を行っていた(国が定める測定方法とは異なる方法で燃費を測定していた)事が判明しました。

検証は独自立行政法人自動車技術総合機構により、走行抵抗及び燃費・排出ガスに係る確認試験が実施されました。

スズキの自動車カタログに掲載されている燃費諸元値及び排出ガス諸元値=燃費や排ガスのデータと一緒、同等であるかの確認です。

スズキは車種のグレードによってスズキ自動車カタログに記載されている燃費や排ガスの数値が異なりますので、車種毎、グレード毎の検査となります。

国土交通省に再提出された正しい測定方法で取得した燃費は、不正を行っていた時期の燃費よりも向上しました。

いずれの車種もスズキの自動車カタログ上に記載されているものと同等であることが確認されました。スズキグレード 検索はコチラから

スズキ自動車の車種をグレード毎に燃費・排ガス試験のデータについて確認試験を実施することは大変時間もかかりますし、確認試験中による顧客の購買への影響は否めません。

そして2016年8月に国土交通省が再測定結果を発表し、スズキ車はカタログ値よりも燃費が良かったことが判明し、スズキ製品の品質の良さが改めて確証され、この騒動は収束してゆくことになりました。

なお、スズキのリコールについてのお問合せ先はスズキ株式会社お客様相談室フリーダイヤル:0120-402-253、9:00~12:00 / 13:00~17:00です。
 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!
 
\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/
 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧