スポンサードリンク

日本人はかつ丼好きではないでしょうか。

刑事ドラマで犯人の事情聴取の時に、よくかつ丼の話が出る事は都市伝説となっていますね。

そんな日本には、かつどん屋さんがたくさんありますが、その中でも「かつや」がおススメですね。

そしてかつやをお得に利用するリピーターはたくさんいると思いますね。

かつや店舗の中を見渡すと家族連れや、仕事の合間に一人で来た人、カップルといったように年齢層の幅がとても広いという事を感じ取れるからですね。

かつや メニュー 持ち帰り

テーブルに座ると、「かつや お持ち帰り メニュー」のチラシが置いてあるので、料理が出来上がるまでの間に眺めてたことがある人は多いことでしょう。

そして次回は是非、かつやのお持ち帰りメニューも利用してみようと思うはず・・・で実際、店内で食事をしている最中にも、かつやのメニューからお持ち帰りする人は多いと感じますね。

かつやメニューにある丼ものをご飯抜きにして揚げ物だけを持ち帰りする人も・・・。急なお客様やお土産にも、かつやのお持ち帰りメニューは重宝します。

かつやメニューは持ち帰りしても美味しいものばかりだからです。

かつやお持ち帰りメニューにはどんなメニューがあるか頭に入れておけば、とっさの時に役立つ、かつや店舗の上手な活用法だと思います。

かつやお持ち帰りメニューの中にはエビフライなどもあるので、パーティーの時に喜ばれます。

ですからクリスマスやお正月など人がたくさん集まる場で、かつやのメニュー持ち帰りをおススメしますよ。

かつや メニュー クーポン

そしてかつやのお客にリピーターが多いのは、店舗でお食事した人や、かつやメニューで持ち帰りした人には、必ず次回100円割引の「かつやメニュークーポン」がもらえるからでしょう。

とはいえ、いくらかつや メニュークーポンが貰えても美味しいと思わなければ、再来店するお客様が増えるはずもありません。

それは、かつやメニューは大変美味しいからですね。

我が家の父は味にうるさくよほど美味しいお店でなければ再び行きません。

そんな父が、かつやの大ファンです。

そして、かつやメニュークーポンを活用するたびお得感に満たされているようです。

どうやらかつや店舗は、お腹もお得感も満たしてくれるお店のようです。

気をつけなければいけないことは、かつやメニュークーポンに期限があるということです。

だいたい1ヶ月くらいですね。

メニュークーポンの裏に有効期限が記入されているので必ず確認して有効活用することをおススメします。

かつやメニューには、ロースカツ・ヒレカツといったようにカツの種類が選べる定食の他、カツカレーなどその種類も豊富です。

ですから、リピーターを飽きさせず、次はかつやメニューの中からどれを食べようか・・と楽しみをも与えてくれます。

かつや 店舗

かつや店舗は平成27年12月現在国内321店を展開しています。

新規店舗では通常3日間の感謝セールと銘打って、お得に営業をしていますよ。

開店3日間セールでは4品のみ営業です。

かつ丼(竹)が通常702円➡500円で、ロースかつ定食(竹)が通常745円➡500円で、カツカレー(竹)が通常810円➡500円で、ソースかつ丼(竹)通常702円➡500円いずれも税込みです。

また40日に一度位に、かつやメニューでは、いろいろと期間限定メニューを店内掲示してありますね。

かつや店舗は最近出店を加速していて色々な地域にあります。

ですので出来立てのかつやメニューを持ち帰るために、あらかじめ店舗情報も確認しておくと良いかもしれませんね。

ソースも重要な決め手ですよね!

とんかつの味を引き立てるソースにもこだわりを持ちたいですね。

かつやのとんかつの味を引き立たせるためにソースの研究もされていますよ。

やはり、野菜・果実が配合されて、濃厚な味わいのスパイシーなソースがいいわけですね。

そんなかつやのソースを

楽天でチェックしてみました。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧