スポンサードリンク

「日本語」をしゃべれ!

とよく言ったものです。

しかし、コンピュータが生活の一部になって

ますます英語に接する機会が増えました。
分からない言葉がたくさん・・・。

英語が分からないと何事も消極的に・・・。

ですから、すこし英語を覚えるようにしました。

英語を取り組んでいる事

例文の暗記

中学・高校の頃は例文集の例文を暗記するようにしていました。

当時はこんな勉強法が効果的な訳はないと思っていました。

しかし、例文を100ほど暗記していれば、
単語を少し変えるだけで基本的にどんなことでも表現できます。

それを後々気付いたからです。

ですから、これを勉強し直しする事にしました。

映画と洋楽を利用して勉強

楽しんで、続けられるよう洋楽を活用するようにしました。

歌詞カードを見ながら音楽を聴くことにしました。

すると一番の効果的な勉強になりました。

映画や洋楽では口語的なイディオムが多く使われます。
その為、会話レベルの向上にとって最適なためです。

今後映画を字幕なしで楽しめるようにすることです。
機械的に単語や例文を暗記するだけではつまらない訳です。

映画のワンシーンを想い描きながらであれば、難しい単語や
雰囲気に合ったフレーズを思い出すことができると
アドバイスを受けたからです。

海外ボランティアガイド

近年、日本を訪れる観光客等インバウンドの人たちが
飛躍的に延びています。

政府統計からも東京オリンッピックに向けてさらに加速度的に
増えるのは間違いないとの事です。

その人たちのお役立ちと自身の成果を生かすために

海外ボランティアに登録出来るよう、挑戦してみたいと思っています。

ネイティブとの会話

そして一番の夢は、英語圏の友人を持ち定期的に会話することです。

英語圏に旅行をする際にたくさんのいい友人を作れればと思います。

当地では、フレンドリーに応対してくれますので、
友達になるきっかけ作りは充分です。

英語を使わないといけないというプレッシャーから
英語力の延びは飛躍的に高まるとのネイティブからのアドバイスからです。

やはり、彼らもそうして来たからでしょうね!!!

トピックス

英語の名言!?!

“Time is money”

日本語に訳すと「時は金なり」=「時間はお金と同様に大事で、時間を浪費しない戒め」ですね。よくある戒めの英語表現です。

あるエピソードですが・・・
ボルティモアでも、たくさんのホームレスがいて

「お金をくれないか?」
と聞いてくる人がたくさんます。。
その中に一人、お金は求めないけれどいつも時間を聞いてくるおじいさんがいました。

ある日、どうしていつも時間を尋ねるのかと、聞いてみました。
“time is money “って言うだろ?=文字通り解釈した人の返事でした。

「時刻を知る事はお金と同じ価値のある事だ。」という事でしょうか?
そのおじさんの人の好さをを偲ばせるワンショットです。

“make America great again”

現在大統領選挙で、トランプ氏が使っているスローガンです。

多くのアメリカ人に愛されているこの言葉は、
アメリカのプライドの高さを強烈に表しています。

しかし、そもそもアメリカが偉大な国であったことはあるのか?
という疑問もわきますが・・・

japan as number one=
「アメリカ社会への教訓」として受け止められ、再成長してきた経緯があるからです。

著作japan as number oneのURLはこちらから
閉塞感のある現在のアメリカで、このスローガンが国民に共感を得ているのは
アメリカの国民性を端的に表したフレーズだからです。

「自由」を自国=「世界共通」の価値観と考え、世界のリーダーとしてのプライド
が、中産階級の復活を象徴的に表しているから人気があるわけです。

英語の発音!?!

rとlが連続するとき

日本人はどうも舌が回りません。
例えば「earl grey, girlfriend」 を噛まずに言えますか。

「moth(蛾)と moss(苔)と mouse (ねずみ)」区別して発音できますか?

「家に蛾がいる!と言ったのに」「家にねずみ!?」と驚かれてしまいました。

母音の発音

英語は他のどの言語よりも母音の数が多いです。

日本語ネイティヴには本当に厳しいです。
「あの人は本当に大胆(bold)だね。と言ったつもりが、
「あの人はハゲ(bald)だね。」と採られ大爆笑になったことがあります。

「uncle(叔父)とankle(足首)」もとても区別が難しいです。

ネイティヴが丁寧に発音してくれても何が違うの?
と違いが判らないことがほとんどです。

そもそも聞き取ることが大変難しです。
ですから、自分で勉強することは不可能に近いです。

外国人の友人や先生とともに少しずつ練習して慣れていくしかないようです。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧