スポンサードリンク

皆さん、NTTにはいろいろとお支払いをしていると思います。

しかしその中のNTT東日本に、どの料金をお支払いをしているかわかりますか。

NTTには、ntt東日本あり、ntt西日本あり、NTTコミュニケーションズあり、nttドコモあり・・・事実、支払先がたくさんありますね。

ntt東日本の事業を思い浮かべれば少し整理されるかもしれません。

 

ntt東日本の事業は、電報・加入電話・キャッチホン・フリーダイヤル・ISDN(INSネット)・ダイヤルQ2・テレホーダイ・フレッツシリーズ 「フレッツADSL、フレッツ光、フレッツISDN」・ナンバーディスプレイ・ひかり電話です。

たぶん、この中でフレッツシリーズ とひかり電話事業でNTTコミュニケーションズやnttドコモと混同してしまう場合が多いかと思いますよ。

たまには、ntt 東日本 料金 確認して見ませんか。

NTT東日本って、どこまでが営業範囲かご存知ですか。

関東・甲信越以北の1都1道15県です。ただし、熱海市と裾野市のそれぞれ一部区域のみ、例外としてNTT東日本の営業範囲ですよ。

ntt 東日本 料金 確認

今や携帯電話やインターネットのプロバイダー料金の明細や支払い確認などは、ほぼwebでする時代になりました。

 

161030ntt東日本

 

NTT東日本でも、ntt東日本の料金確認やntt東日本の支払方法はWEB=@リビングを利用することになります。

つまりNTT東日本が運営する@ビリングの申し込みをして、料金明細や支払い確認を好きな時にチェックするサービスになりました。

@ビリングはインターネットからも申し込み出来ますし、NTT東日本と契約している固定電話からなら「116」と押すだけで簡単には申込みオペレーターに繋がります。

ただし、電話なら午前9時~午後5時までです。しかし、年末年始を除いて年中無休で受け付けてくれるので、どんなに多忙な方でも大丈夫ですね。

又、@ビリングを利用すれば、支払い料金が110円割り安になります。

請求書の送付に替わりネット経由になりますので、環境にも優しくてお財布にも優しい訳ですから、申込みした方がお得になりますね。

ntt東日本の支払 方法は一般的な口座振替、請求書、クレジット支払いの3つがあります。

こうしたライフラインの支払いをクレジット払いにすることで、様々な特典やポイント何倍割り増し等のサービスが受けられますね。

各クレジット会社にクレジットに対応してくれるのはありがたいですよね。

でも、支払方法を変えるのって面倒という方に朗報です。

NTT東日本では、新しい支払い方法を設定するだけで自動的に、古いntt 東日本 支払 方法は無効になるので解約の手間もないんです。

これなら、自分にあった支払い方法を見つけやすいですよね。

ntt 東日本 転用番号 取得

ntt東日本にはフレッツ光というプロバイダもありますよね?

このフレッツ光からAsahiNet光等の光回線を移行する際にntt 東日本 転用 承諾番号(ntt 東日本 転用番号 取得)が必要となります。

このntt東日本の転用 承諾 番号の取得はとても簡単で、契約者本人なら専用のフリーダイアル(0120-140-202)に電話するだけです。

受付時間は午前9時~午後5時までなので、手続きが時間的に厳しい方は勿論Webでもできます。

もし契約者自身でどうしても出来ない場合、手元にフレッツ光の「開通のご案内」とntt東日本から毎月くる「毎月の請求書」があるば代理で行うことも可能です。

 

ntt 東日本 ポイント 交換

そして、NTT東日本でもポイントが貯まるんです。

貯まったポイントは様々な食品とntt 東日本 ポイント 交換してもらえますよ。

1999ポイント以下なら27種類の商品と交換できる他、なんと利用料金の支払いにも使えるので最大約2,000円割引きですよね。

交換アイテムは5グループに分かれていて、総計65アイテムとのntt 東日本 ポイント 交換が可能です。

明細をみてため息ばかりでなく、貯まったポイントを何と交換しようかワクワクします。

皆さんも楽しみながらお得にNTT東日本と付き合ってくださいね。

 

プログラミングを勉強してみませんか?

「自分でホームページを作ってみたい!」
「WEBの仕事で独立したい!」

どんどんIT化が進む中で、確かに便利になっていますが、自分自身がそれら便利なツールを作れる側になれるかと考えると「難しそうだな・・・。」と感じていませんか?

でも、大丈夫です!

実はホームページやアプリケーションは「プログラム」によってできています。

そのプログラムを自分で書けるようになれば、自分のWEBサイトを作れるのはもちろん、便利なアプリやIoTに通じる製品まで操れるようになってしまうのです!

そこで、まずは基本からの勉強が大切。

いきなり、応用編から始めようと独学で学ぶ人も多いのですが、正直基本を学んでいないと、大きな壁にぶつかり挫折してしまうことがほとんどです。

そこで、おすすめなのが「TechAcademy」というプログラミングスクールです。


親切丁寧にマンツーマンで質問することもでき、なにしろネットを通じて自宅や会社にいても授業を受けられるところが素敵です!

さぁ、あなたも今日からプログラマーだ!!!

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧