スポンサードリンク

jr東日本が運営する「jr 東日本 えきねっと」では、新幹線の予約や変更、特急の指定席の申込みなどができます。

その他にも、jr東日本国内ツアーの申込みだってできちゃいます。

また、東日本エリアの観光プランを見ることが出来たり、鉄道グッズをが買えたり、jr東日本の事については本当に様々なことができるサイトです。

 

勿論、jr 東日本 えきねっとを通じてこれらの予約や、購入を行うとポイントも貯まります。

貯まったポイントはSuicaに交換できたり、びゅう商品券と交換できたりします。

使いこなせると、本当に便利ですよね。

えきねっとを通じて切符を買うだけと言っても、勿論割り引きがあります。

乗る予定の13日前の申込みで、通常の割り引きより更に安く切符を買うことができるんです。

ある程度予定が決まっているなら、えきねっとを使わない手はないと思います。

jr おでかけネット

えきねっと関西版といっても過言ではないのが、JR西日本が運営する「jr おでかけねっと」です。

スマホ専用ページが設けられているので、見やすくて、使いやすいものです。

トップを飾るのは乗り換え案内及び運賃表です。

勿論、西日本エリアの観光プランなども掲載されていますし、申込みだってできちゃいます。

jr おでかけねっとにも、割り引きがあるので、こちらも駅で買うよりお得に切符を手に入れられます。

jr おとなび

そして今、JR西日本が提案に力を入れているのが、「jr おとなび」です。

満50歳以上で、J-west会員ならば、どなたでも入会でき、お得に旅行が楽しめるというものです。

会員むけのプランが豊富です。

会員限定切符等が用意されているので、ゆったりとお得に旅行を楽しむ事ができますよ。

是非利用してみてくださいね。

jr 東海 運賃

jr東海の運賃は若干高めに思えますが、現在は少し落ち着いています。

jr東海はjr東日本に比べると田舎なので、一駅間の距離が長いんですね。

分かりやすくjr東日本と比べると、12駅分乗ったとして、jr 東日本運賃は220円でjr東海運賃では1300円を越えるんです。

一概に距離だけで計算がされているわけではないのですが、距離も関係している事は明白ですね。

また、かつてjr東海に設けられていた「のぞみ料金」も今では当初の1/3強に押さえられて、より身近にのぞみを利用出来るようになりました。

この機会に、のんびり旅行を楽しまれてはいかがでしょうか。

jr東日本えきねっとなど

パンフレットや駅では知り得ない情報が、「jr東日本えきねっと」や「jrおでかけねっと」には沢山あります。

少しお年を召された方にも見やすいサイトですので、ご旅行をお考えの方は一度サイトを覗いて見てくださいね。

また、そのような方のためには「大人の休日倶楽部」というサイトがJR東日本にも用意されています。

イメージはおとなびと似たようなサイトです。

どちらもミドルエイジが楽しめるプラン満載ですので、見るだけでも楽しいですよ。

普段使いから旅行まで、旅の事ならまず、jr東日本えきねっとやjrおでかけねっとを開いてくださいね。

旅行にはバックです。

旅行は前日から始まりますね。

明日から始まる旅行のために思いを巡らせつつ用意をしていきますよね。

持ち運びで邪魔になりないように疲れないようにと気を使います。

ですから便利なバックがあれば本当に重宝いたしますね。

入れやすくて出しやすい、楽しく旅行をするためには必需品です。

そのために、いろいろと調べてみました。

楽天でも

チェック

してみました。

 

スポンサードリンク

コメント2件

  • 中村俊彦 | 2017.06.06 7:45

    大いに利用する

  • onomatopeee | 2017.06.08 10:50

    毎度お世話様です。コメントありがとうございます。
    今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧