スポンサードリンク

読売新聞というと、大手新聞社のひとつです。

東京読売ジャイアンツの親会社ですね。

力を持ったマスコミで、日本テレビ系のグループ会社ですよ。

信頼できる情報源のひとつです。

読売新聞取っていますよ。

などなど様々な視点で、様様な思いで皆さんがとらえている新聞社ではないでしょうか。

確かに、大手の新聞社ですから、読売新聞ニュースは私たちの身近になっていますね。

さらに読売新聞のホームページ=YOMIURI ONLINEでは、様々な読売新聞のニュースが随時発信されています。

情報取集の秘訣として、毎日、いや日に数度か読んでみて、newsの鬼になる事をお勧めしたいものです。

読売新聞 発言小町 ランキング

読売新聞ニュースの中には、少しひねったような記事があります。

また、中学生や高校生に向けてまとめられたような記事もあります。

これらが、広い年代に活用できる情報を提供しているという印象につながっているのでしょう。

ところで、そのような読売新聞の記事の中で私が特に面白い情報と思うのは発言小町ではないでしょうか。

発言小町には、いろいろな事柄についての、様々な発言がまとめられています。

ですからその読売新聞 発言小町 ランキングランキングを見ると、普通のニュースでは見ることができないような、大変興味深い発言がわかります。

なかには、深く共感できるような情報も多いのです。

自分が普段疑問に思っていること、感じている事というものが、一般的に見られるものかどうかが、発言小町で探してみることも出来るわけです。

ランキングを見ると、これから話題になりそうなネタなども発見できるので、読売新聞の発言小町ランキングは私にとっては、要チェックといったところでしょうか。

読売新聞 読売書法展

そして、読売新聞と言えば、読売書法展も忘れてはいけないでしょう。

書道を少したしなんでいたかたであれば、そのレベルの高い作品の多くを、読売新聞の読売書法展で楽しむことができるからです。

その歴史は古く、1984年からということですから、権威あるものと言えるのではないでしょうか。

これまでの、賞を受けた作品についても、読売新聞のホームページのイベントサイトで確認できるので、書をたしなむということを身近にするために、一度覗いてみることでしょう。

読売新聞 編集手帳 書き写し

読売新聞はコンテンツも多いので、いろいろな観点で楽しめるのがいいですよね。

一面掲載の編集手帳は、新聞の顔ですのでまず一読ですね。

編集手帳と言えばそうそう、読売新聞に毎日掲載されている編集手帳を書き写すための専用ノートなんていう面白いグッツもあるんですよね。

Amazonでも扱われていましたけど、編集手帳をまとめるというだけでなく、わからない語句を調べて知識を広げるということでも、こんなグッツも使ってみたいなと思いました。

新聞の発行部数が減っているようです。

それは残念な事です。というのは、皆さんもお分かりになっていることと思いますが、読売新聞でなくてはならない味や良さがあるからです。

ネットの情報でわかることという人もいらっしゃいますが、読売新聞という紙媒体をじっくり読んでこのように、その良さが分かるところから始めたらいいのかなと思いますね。

というわけでまず第一歩に

読売新聞編集手帳書き写しをお薦めします。価格も手ごろで、手先・頭を使ってボケ防止?にも...楽天でチェックしてみました。

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧