スポンサードリンク

飛行機を頻繁に利用する人もそうでない人も、一度は聞いたことがある、私の憧れ「マイレージ」「マイル」という言葉・・・。

マイレージを貯めるために、まずjalマイレージバンク=JMBに新規登録をしましょう。

JMB=JALマイレージバンクは、jalのホームページから24時間いつでも入会手続きが行えて、早速、入会当日から

・webでの航空券の予約・購入

・会員専用メニューで航空券の予約確認=jal マイレージ 予約確認

・ウエブサイトで便利なチェックイン

・マイルと交換で航空券や電子マネーなどの特典と交換できるなどJALマイレージログインサービスを利用することができます。

JMB WAONカード=JAL ICサービス機能/電子マネー<WAON>機能付カード=航空券の予約・確認、検査場、搭乗がスムーズにおこなえるタッチ&ゴーサービスが利用できるタイプ

通常のカードJAL ICサービス機能なし/電子マネー<WAON>機能なしカード=スタンダードタイプを選ぶようになります。

jalマイレージログイン

jalマイレージバンク新規登録時の「お得意様番号」と「登録時に設定されたパスワード=任意の数字6桁」を使ってjalマイレージにログインします。

ログインすると、航空券の予約や予約確認がウエブでおこなえるようになるほか、貯まったマイレージの数や有効期限など=jalマイレージの確認やjalマイレージ交換ポイントの確認などがいつでもどこでも確認できる、JMB会員向け機能が利用可能になります。

入会後、初年度年会費・次年から年会費2,160円・発行手数料無料で「JALカード」「JALマイレージバンク提携カード」も発行されます。

*JALカード=JALマイレージバンクカードにクレジット機能がついて、JAL会員限定ボーナスマイル+ショッピングマイルでさらにマイルがたまりやすいカード

*JALマイレージバンクカード=JALマイレージバンクカードに各提携会社のサービスがついたカード

飛行機だけでなく、普段のお買い物でも賢くマイレージを貯めたい人は、この「JALカード」や「JALマイレージバンク提携カード」を発行してもらいましょう。

 

jalマイレージの確認・jalマイレージ交換ポイントをマークせよ!

これらのカードは、飛行機の搭乗や宿泊・ショッピングなどでためたマイルを、航空券や電子マネーなどの豊富な特典と交換できるJALのマイレージプログラムに利用できます。

ログイン時に番号が入力されているので、空港ではマイレージ登録する手間が省けて余裕を持った行動ができます。

それ以外にも、頻繁に利用する区間を登録できたり、会員限定キャンペーンやお得な情報が得られます。

 

jalカード・JALマイレージバンク提携カード発行依頼は?

jalのホームページから、入会手続きに必要な書類を自宅宛てに郵送依頼し、記入・捺印して、本人確認書類のコピーを同封して返送するので、書類のやり取りで約一か月くらいかかりそうです。

マイレージは飛行機を利用すると貯まる、買い物のポイントのようなもので、貯まったマイレージは航空券やJALクーポン券、さらに電子マネーや発行カード会社のパートナー企業とのクーポン券にも交換できます。

買い物で貯まるポイントに例えましたが、もちろん実際にお買い物でマイレージを貯めることも可能です。

また、交換ポイントサービスもおこなっていて、マイレージをPontaポイントに変えることができるので、よく行くお店でさらにお得に便利にお買い物ができるようになります。

 

JAL利用時に美味しいスープがありました。

家庭でも、飲めるようになりました。

でも、スープだけではありません。

機内で食べられるいろいろな商品が、家庭でも簡単にリーズナブルな価格で買い求められるようになりました。

その辺を楽天でチェックしました。

 

思い切って旅に出よう!

イライラ・むらむら・思い通りに進まない。

どんどん社会に流されて、わが身の置き場に悩みますよね。

そんな時は一人で考え込まずに非日常生活に飛び込んでリラックスしましょうよ!

きっと解決策が見つかりますよ。

さあー!思い立ったら吉日です。

自分自身に新しい力や新しい考えをめぐらすために自由になりましょうよ!




そんな時には、是非使ってみてください。

簡単に!気軽に!お安く!安全に!すぐ予約できる。

すぐ出発できる路線はここです。

・徹底された「安全管理」
・「移動は疲れる」の概念を打ち破る、疲れを感じさせない豊富な「快適シート」。
・女性の隣は必ず女性になる「女性安心」。
・全国100路線以上!
・便選択・予約をお客のニーズに合わせている。

が WILLERのポイントです。
ぜひ一度乗車いただき、体験談もふまえて紹介いただきたいです!
 
\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/
 

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧