スポンサードリンク

日本電信電話株式会社=NTTの完全子会社で、NTTコミュニケーションズ株式会社が運営する、日本最大規模のインターネットプロバイダーといえば、OCNですよね。

インターネットの設定やメールのやり取りなどまったく門外漢の私にとって、プロバイダーと言われても右往左往するだけで・・・日本最大規模やそれまで使っていたNTTの安心感などで何となく加入した、

そんな10数年前から・・・現在ではプロバイダーとは意識なしの身近な存在になったOCNです。

最近は、月額600円のOCNプレミアムサポートで、各種設定や疑問点を遠隔操作なり、電話サポートなりでお世話になっていてOCNを感じています。

そんな風なので、新たなサービスやお得な情報はわかりませんではダメですよね!

身近過ぎるOCNですので、改めて調べてご紹介させていただきます。

ワンタイムパスワード

近年インターネットの進化によって、なりすましや、ネット上の盗難など色々ありますよね。

しかし、OCNでは独自のocn メール パスワード設定によってネット犯罪を防ぐ努力をしています。

それがOCNが推奨している「ワンタイムパスワード」です。

ワンタイムパスワードとは、ocn メール ログイン時に最初に指定したメールアドレスへ、ocnによって無造作に設定したocnパスワードが送信され、そのパスワードにてocn メールにログインするというものです。

これなら本人以外ocn メールにログイン出来ないので安心ですよね。

ただ、これは任意で設定することで有効になるので、設定を忘れないで下さいね。

ワンタイムパスワードの設定はコチラから

また、従来のocn パスワードだけでもログイン出来るのですが、定期的に変更を促しています。

パスワードを忘れやすい方はワンタイムパスワードを、忘れ難い方は従来のocn パスワードを使うのもいいかもしれません。

OCNモバイルONEサービス

OCNが提供しているモバイルサービスは、データ通信のみのプランならば月額900円から利用出来ます。

スマホを主に、インターネット=例えばFacebook、メール、ゲームアプリ、動画視聴などなどで利用したい方用ですね。

通話もプラスしたい人は、月額1,600円から高速LTEが利用出来ます。

勿論、NTTドコモとFOMAの高速LTE両方が利用可能なので、電波が途切れる心配も少いのが魅了です。

データ容量が余れば利用コースの基本通信容量の残量を日次プランは翌日まで、月次プランは翌月まで、繰り越しできます。

データ容量の繰り越しに、料金も安いし、余り通話しないならOCNデータ通信プランはおすすめです。

また、解約も基本的にネットで完結できるのも魅了の1つです。
 

ocn モバイル 解約

データ通信のみのSIMを使用していた場合なら、解約違約金は発生しないので、解約後SIMを返送するためにかかる費用位です。

しかし、ただここで注意がいるのが、音声対応SIMの解約です。

音声対応SIMは半年の縛りがあり万一、半年未満で解約した場合違約金8,000円が必要となります。

契約したけど、自分には合わないと思っても、半年は我慢する事になるかもしれませんね。

ocn モバイルを解約する場合、日割り計算はなしですが、解約日を選べるので、月末に設定すれば少しはお得だと思います。

ocnトップページ

特に私が気に入ってるのは、OCNトップページです。

青と白を基調に字も大きめで、それでいて気になるニュース一覧の項目がコンパクトにまとまっていて、とても見やすくなって来ています。

話題のトピックスはつい見てしまう芸能関係で、占いや天気などもトップを飾っているので、少しの空き時間にチェックします。

OCNトップページはコチラから
 

ocn メール

また、ocn メールログイン画面の右上には英語版のタブが設定してあり、日本語・英語2ヵ国語に対応しているので、様々な国の方に幅広く利用出来るようになりました。

切り替えもワンボタンなので、だれにでも、どんな年齢の人にもでも分かりやすくて本当に便利になりました。

 

プログラミングを勉強してみませんか?

「自分でホームページを作ってみたい!」
「WEBの仕事で独立したい!」

どんどんIT化が進む中で、確かに便利になっていますが、自分自身がそれら便利なツールを作れる側になれるかと考えると「難しそうだな・・・。」と感じていませんか?

でも、大丈夫です!

実はホームページやアプリケーションは「プログラム」によってできています。

そのプログラムを自分で書けるようになれば、自分のWEBサイトを作れるのはもちろん、便利なアプリやIoTに通じる製品まで操れるようになってしまうのです!

そこで、まずは基本からの勉強が大切。

いきなり、応用編から始めようと独学で学ぶ人も多いのですが、正直基本を学んでいないと、大きな壁にぶつかり挫折してしまうことがほとんどです。

そこで、おすすめなのが「TechAcademy」というプログラミングスクールです。


親切丁寧にマンツーマンで質問することもでき、なにしろネットを通じて自宅や会社にいても授業を受けられるところが素敵です!

さぁ、あなたも今日からプログラマーだ!!!

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧