スポンサードリンク

皆さん、私は英語の文章が出た時はお手上げでした。5年前には!
ですが、今はどんな英語でもすぐにその内容が分かるらしいです。
5年前の知識では、今はもう古い!「翻訳」できるのですね。
機械で!WEB上で!人工知能という事でですか?
という事で「翻訳」について改めて調べてみました。

「翻訳サイトとは!?!」

大手検索サイトや大手ポータルサイトは、世界各国のサイトを集め、解析して、その情報を我々に提供しています。
その作業の中では、「翻訳」が必須になります。
英語のサイトの説明を日本語にする。というのは良くある事です。
昔なら辞書片手に調べていた事が、彼らではわずか数秒で翻訳出来るようになりました。
その翻訳作業を自動できるツールを応用して、皆さんに提供したのが恐らく翻訳サイトでしょう。

何故無料で?

「それは大きなポータルサイトだから・・・」という点でしょう。
メイン事業の副産物を、無料で提供してさらなる集客に繋げている。という事なのでしょう。

「Google翻訳」

有名なのが、Geogleが運営している「Google翻訳」です。
対応言語が幅広く、ほぼ全部の言語を網羅していると言っても良いでしょう。
Google翻訳さえあれば旅行には困らない。とまで言われています。
Google翻訳のURLはこちらです。

「エキサイト翻訳」

愛用者が多く、信頼性もあるのが「エキサイト翻訳」です。
エキサイトというサイトが運営しています。
エキサイト翻訳のURLはこちらです。

Yahoo!翻訳

Yahoo!が運営している「Yahoo!翻訳」も利便性が高いです。
ちょっとした語句を翻訳するなら、Yahoo!翻訳を使っています。
Yahoo!翻訳は対応言語も多く、そしてその質も悪くはありません。
また、Yahoo!翻訳はアジア言語に強いというのが特徴です。
エキサイト翻訳は信頼性に力点があり、
Yahoo検索は中国、韓国の言語を翻訳したい時に利用すると、はかどるかと思います。
yahoo翻訳のURLはこちらです。

「翻訳無料サイトの利用方法!!!」

翻訳サイトは基本的に無料見たいです。
そして手軽で簡単にすぐに利用できる素敵なサイトです。

特長

「Googleサイト」は最大サイトなので、提供されるGoogle翻訳の言語は多種にわたります。
「エキサイト翻訳」は、翻訳の質がどんどん向上しています。人間の手を加えているのでしょうか?
利用者数を反映しているのか、「Yahoo検索」は良く利用する言語の質を高めているように感じます。

まとめ

ネットしていて言語がわからない時は、その時に合ったサイトを利用する。
その利用頻度が、翻訳サイトのさらなる向上に繋がるように感じます。

「翻訳アプリとは!!!」

インターネット上に存在している翻訳サイトは、webブラウザアプリからサイトに飛ばないと利用出来ません。
スマートフォンアプリが、最近登場したのでwebブラウザアプリからわざわざ飛ばなくても簡単に翻訳が出来ます。

Google翻訳アプリ

自動でどの国のどの言語なのかを判断してすぐに翻訳するという徹底した自動化っぷりです。
コピーも簡単にワンタッチで出来ます。

他のアプリも

翻訳サイトではなく翻訳アプリとして高品質なのが沢山出ています。

「画像題名翻訳アプリ」

画像や写真に写っている文字を翻訳してくれる、アプリも存在します。
このアプリはスキャナー機能と翻訳機能を合わせた仕組みです。
本やチラシ、書類などを読んでいる時に利用できるのが大変便利です。
スマートフォンならではの機能といえますね。

「音声翻訳アプリ」

Google翻訳でも発音もきちんと音声も出してくれます。
よりネイティブでより質の高い「音声翻訳」という人気アプリも存在します。
デザインがシンプルでいいです。
また何よりもその音声の品質が高いので、通訳替わりになりますね。
という事で海外旅行の時に必須になりそうなアプリです。

一つの言語に特化したアプリ

オランダ語やロシア語のような普段使わない言語も、翻訳アプリならきちんと翻訳してくれるます。

まとめ

とても便利ですね。これらを使いこなすことによって世界は一つ。
言語が違ってもコミュニュケーションがとれ、世界平和に貢献しそうですね。
「すばらしい!!!」

スポンサードリンク

コメントを書く







コメント内容


商品一覧